【東京モーターショー2005】アウディ「期待に応えたサプライズ」

2005.10.19 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】アウディ「期待に応えたサプライズ」

2005年10月19日、第39回東京モーターショーがプレスデイからスタートした。アウディのブースには、幸運にも世界初のサプライズが用意されていた。

■日本を選んだワケ

アウディには、嬉しいことに幕張のブースが文字通り世界初披露となったクルマが2台ある。1台は来年の市販が予定されている「S8」、もう1台が次期型「TT」の方向性を示唆すると思われる「シューティングブレイク・コンセプト」だ。

地元のフランクフルト・ショーがありながら敢えて極東の地をワールドプレミアの舞台に選んだのは、それだけ日本やアジアのマーケットを重視している証拠である。
実際、今や本国でメルセデスやBMWに肉薄するほど売れ行き好調なアウディは、日本市場でも今年は現時点までに前年比17%の伸張を示し、この勢いをイメージアップ効果の高いスポーツモデルの紹介でさらにブーストしようというのが今回の2台だ。

トップライン、A8に設けられたS8は、BMWの「M5」同様、アウディ初のV10エンジン搭載が最大の話題だ。もっともアウディの場合はすでにグループ内に「ランボルギーニ・ガヤルド」用のユニットを擁しており、それをモディファイしての流用となった。
ミドシップからフロント縦置き式4WDへの変更は当然としても、ボア拡大で排気量は5204ccへと増えており、450ps/rpmのパワーと540Nm/3500rpmのトルクにより、6ATを介して0-100km/h:5.1秒と250km/h(リミッター作動)のマキシマムを主張する。

一方のシューティングブレイク・コンセプトは、「近い将来に向けたデザインスタディ」にすぎないとはいえ、またそっくりこのまま生産化されるわけではないにせよ、「シングルフレーム・グリル」をはじめとして、いかにも最近のアウディらしいデザインアイコンが随所に散りばめられている。
その一方で、機構的には3.2リッターV6クワトロとその気になればすぐにでも生産可能で、それらを考えたとき、やはりこれは来るべき新型TTの、かなり現実的なプロポーザルと見るのが正しいのだろう。楽しみな1台である。

(別冊CG 道田)

 
【東京モーターショー2005】アウディ「期待に応えたサプライズ」の画像

「S8」
 

	「S8」
	 

関連キーワード:
S8アウディ東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック(4WD/9AT)【試乗記】 2018.5.2 試乗記 ランドローバーのスタイリッシュなSUV「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルに試乗。細部のブラッシュアップもさることながら、最新型のハイライトは、なんといってもパワーユニットが刷新されたこと。大きな期待を胸に乗り込んでみると……
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る