【東京モーターショー2005】2006年春にデビューの「ルーテシアIII」

2005.10.19 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】2006年春にデビューの「ルーテシアIII」

ルノーは「ルーテシアIII(欧州名クリオ)」を中心にブースを展開。フランクフルトショーで発表されたコンセプトカー「エジェウス」なども展示された。


クリオ・ルノースポールコンセプトと、ルノー・ジャポンのアラン・レーマン社長。
 

■好調ルノー・ジャポンの追い風、新型ルーテシア

プレゼンテーションをつとめたルノー・ジャポン、アラン・レーマン社長の「F1ワールドチャンピオンのブースへようこそ」という挨拶にはじまり、ルノーにとって「いいニュースを二つお伝えします」と続けた。


ルノー最新のコンセプトカー「エジェウス」
 

一つめは、04年に続いて05年も、日本におけるルノーの販売が好調であること。メガーヌラインナップの充実や、MT仕様車、限定車を投入したカングーが好調で、05年1〜9月の販売実績は、前年比で10%ほどアップしたという。最近では「欧州で一番売れているミニバン」グランセニックを投入し、年度末にかけての販売にも自信をのぞかせた。


エジェウスのインテリア
 

もうひとつのいいニュースは、好調の追い風となるであろう新型「ルーテシア」の登場だ。日本で人気のたかい輸入コンパクトハッチの新型は、「セグメントのベンチマークであり続けてきた」と標榜する基本性能に加え、同クラスで初というユーロNCAP5つ★の安全性能もジマン。日本には06年春に導入が予定されており、初期はATに加えてMT仕様も販売するという。ブース中央に展示された「ルノースポール」バージョンはコンセプトカーだが現実味のあるつくりで、関係者によれば「ジュネーブショーで正式に発表されるのでは?」とのことだ。

(webCGオオサワ)

関連キーワード:
ルーテシアルノー東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • RRのホットハッチ「ルノー・トゥインゴGT」登場 2017.9.28 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年9月28日、コンパクトカー「トゥインゴ」に新グレード「GT」を設定し、同年10月19日より200台限定で販売すると発表した。ルノー・スポールが手がけた高性能グレードであり、より高出力なエンジンなど特徴としている。
  • ホンダX-ADV(MR/6AT)【レビュー】 2017.9.23 試乗記 スクーターのようなボディーに、オフロードも行けそうなタイヤとホイール。そしてナナハンクラスの大型エンジン。個性的なホンダの“アドベンチャーモデル”「X-ADV」とはどんなオートバイなのか? その走りをリポートする。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • 「ルノー・ルーテシア」に5段MTの新グレード 2017.10.12 自動車ニュース
  • 「A110」登場は年明け アルピーヌ・ジャポンが始動 2017.10.11 自動車ニュース