【東京モーターショー2005】2006年春にデビューの「ルーテシアIII」

2005.10.19 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】2006年春にデビューの「ルーテシアIII」

ルノーは「ルーテシアIII(欧州名クリオ)」を中心にブースを展開。フランクフルトショーで発表されたコンセプトカー「エジェウス」なども展示された。


クリオ・ルノースポールコンセプトと、ルノー・ジャポンのアラン・レーマン社長。
 

■好調ルノー・ジャポンの追い風、新型ルーテシア

プレゼンテーションをつとめたルノー・ジャポン、アラン・レーマン社長の「F1ワールドチャンピオンのブースへようこそ」という挨拶にはじまり、ルノーにとって「いいニュースを二つお伝えします」と続けた。


ルノー最新のコンセプトカー「エジェウス」
 

一つめは、04年に続いて05年も、日本におけるルノーの販売が好調であること。メガーヌラインナップの充実や、MT仕様車、限定車を投入したカングーが好調で、05年1〜9月の販売実績は、前年比で10%ほどアップしたという。最近では「欧州で一番売れているミニバン」グランセニックを投入し、年度末にかけての販売にも自信をのぞかせた。


エジェウスのインテリア
 

もうひとつのいいニュースは、好調の追い風となるであろう新型「ルーテシア」の登場だ。日本で人気のたかい輸入コンパクトハッチの新型は、「セグメントのベンチマークであり続けてきた」と標榜する基本性能に加え、同クラスで初というユーロNCAP5つ★の安全性能もジマン。日本には06年春に導入が予定されており、初期はATに加えてMT仕様も販売するという。ブース中央に展示された「ルノースポール」バージョンはコンセプトカーだが現実味のあるつくりで、関係者によれば「ジュネーブショーで正式に発表されるのでは?」とのことだ。

(webCGオオサワ)

関連キーワード:
ルーテシアルノー東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る