【東京モーターショー2005】2006年春にデビューの「ルーテシアIII」

2005.10.19 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】2006年春にデビューの「ルーテシアIII」

ルノーは「ルーテシアIII(欧州名クリオ)」を中心にブースを展開。フランクフルトショーで発表されたコンセプトカー「エジェウス」なども展示された。


クリオ・ルノースポールコンセプトと、ルノー・ジャポンのアラン・レーマン社長。
 

■好調ルノー・ジャポンの追い風、新型ルーテシア

プレゼンテーションをつとめたルノー・ジャポン、アラン・レーマン社長の「F1ワールドチャンピオンのブースへようこそ」という挨拶にはじまり、ルノーにとって「いいニュースを二つお伝えします」と続けた。


ルノー最新のコンセプトカー「エジェウス」
 

一つめは、04年に続いて05年も、日本におけるルノーの販売が好調であること。メガーヌラインナップの充実や、MT仕様車、限定車を投入したカングーが好調で、05年1〜9月の販売実績は、前年比で10%ほどアップしたという。最近では「欧州で一番売れているミニバン」グランセニックを投入し、年度末にかけての販売にも自信をのぞかせた。


エジェウスのインテリア
 

もうひとつのいいニュースは、好調の追い風となるであろう新型「ルーテシア」の登場だ。日本で人気のたかい輸入コンパクトハッチの新型は、「セグメントのベンチマークであり続けてきた」と標榜する基本性能に加え、同クラスで初というユーロNCAP5つ★の安全性能もジマン。日本には06年春に導入が予定されており、初期はATに加えてMT仕様も販売するという。ブース中央に展示された「ルノースポール」バージョンはコンセプトカーだが現実味のあるつくりで、関係者によれば「ジュネーブショーで正式に発表されるのでは?」とのことだ。

(webCGオオサワ)

関連キーワード:
ルーテシアルノー東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8 2018.1.17 画像・写真 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。同車の詳細を写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
ホームへ戻る