【東京モーターショー2005】最も注目される1台「日産 GT-Rプロト」登場!

2005.10.19 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】最も注目される1台、「日産 GT-Rプロト」登場!

プレスブリーフィングが始まるかなり前から人だかりができていた日産ブース。注目はもちろん「GT-Rプロト」だ。



 

■日本だけでなく世界が注目

コンセプトカー「ピボ」に乗って登場したカルロス・ゴーン会長兼社長は、バイワイア技術を使った電気自動車であるピボを例に、日産自動車が環境への取り組みを推進していることについて述べた。
ピボは「新たな取り組み」、市販車では、同社が積極的に導入を進めているCVTを挙げ、「100万台のCVT車は、20万台のハイブリッド車に匹敵する環境性能」と、リアルワールドで環境に貢献していることをアピールした。



 

展示車について一通り紹介したあと、「究極のドライビングプレジャー」を謳う注目の「GT-Rプロト」に話題を移した。「日本だけでなく世界中にファンを持つ」、日産の看板モデルの登場に会場は湧いた。
登場したプロトタイプは、2007年にデビューが予定される市販車に近いもの、とされる。
デザインは、初代から受け継がれてきたGT-Rのヘリテージを新しい形で表現。フロントマスクのシングルセンターエアインテークや、丸形のリアコンビネーションランプなどに、GT-Rらしさが見て取れる。

エンジンなどについては触れられず、インテリアも公開されていないが、プロトタイプはエグゾーストパイプがデュアルツインの4本出し。このままならV8エンジンの搭載が予想されるが、実車はどうなるのだろうか? 楽しみだ。

(webCGオオサワ)

関連キーワード:
GT-R日産東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • 日産、「GT-R」「GT-R NISMO」の2018年モデル発売 2017.11.16 自動車ニュース 日産自動車は2017年11月16日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2018年モデルを発売した。「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリーII準拠 車両防盗システム」を全グレードに標準装備としたほか、インフォテインメントシステムを「Apple CarPlay」に対応させた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
ホームへ戻る