【東京モーターショー2005】最も注目される1台「日産 GT-Rプロト」登場!

2005.10.19 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】最も注目される1台、「日産 GT-Rプロト」登場!

プレスブリーフィングが始まるかなり前から人だかりができていた日産ブース。注目はもちろん「GT-Rプロト」だ。



 

■日本だけでなく世界が注目

コンセプトカー「ピボ」に乗って登場したカルロス・ゴーン会長兼社長は、バイワイア技術を使った電気自動車であるピボを例に、日産自動車が環境への取り組みを推進していることについて述べた。
ピボは「新たな取り組み」、市販車では、同社が積極的に導入を進めているCVTを挙げ、「100万台のCVT車は、20万台のハイブリッド車に匹敵する環境性能」と、リアルワールドで環境に貢献していることをアピールした。



 

展示車について一通り紹介したあと、「究極のドライビングプレジャー」を謳う注目の「GT-Rプロト」に話題を移した。「日本だけでなく世界中にファンを持つ」、日産の看板モデルの登場に会場は湧いた。
登場したプロトタイプは、2007年にデビューが予定される市販車に近いもの、とされる。
デザインは、初代から受け継がれてきたGT-Rのヘリテージを新しい形で表現。フロントマスクのシングルセンターエアインテークや、丸形のリアコンビネーションランプなどに、GT-Rらしさが見て取れる。

エンジンなどについては触れられず、インテリアも公開されていないが、プロトタイプはエグゾーストパイプがデュアルツインの4本出し。このままならV8エンジンの搭載が予想されるが、実車はどうなるのだろうか? 楽しみだ。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る