【東京モーターショー2005】ブガッティ・ヴェイロンは1億6300万円 300台限り!

2005.10.19 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】ブガッティ・ヴェイロンは1億6300万円 300台限り!

1001ps、最高速度400km/hオーバーを豪語する「ブガッティ・ヴェイロン」。長年カタチだけ展示されてきたスーパーカーが、東京モーターショーで生産モデルとして登場!


ブガッティ社長のトマス・ブシェール氏(左)と、ニコルのニコ・ローレケ社長。
 

■“Bugatti is Back!”

「フェラーリ・エンツォ」を超え、「マクラーレンF1」を超えたスーパーカーがいよいよ路上を走り出す。4年の歳月をかけ、入念に開発・熟成されたスーパースポーツカー、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」がここ東京の地で生産モデルとして正式にデビューした。



 

1001psを発するW16気筒を搭載、最高速度は407km/hを豪語し、先頃、実際にソルトレークで400km/h+をマークしてみせたこのクルマ。付けられたプライスタグは消費税込みで実に1億6300万円という途方もなさだ。しかも、今後4年間にわたって作られる数はわずか300台に限られている。


本当はプレスでも座れないヴェイロンのシート。「座っただけで10万円くらいの価値はあるかな」とは、道田の弁。「近代工業製品らしからぬ雰囲気があるつくり。ドアと運転席の間にスイッチがいくつかあり、ひとつだけ出っ張ったトグルスイッチが400km/hを実現するパワーモードスイッチ」だという。
 

それだけにディーラーシップは厳選され、結果的にアルピナやBMWの販売で実績のあるニコル レーシング ジャパンが担当することになった。ニコ・ローレケ社長は全生産量のうち5パーセント、つまり15台を日本で売るつもりだと語る。

また、クルマがクルマだけに営業マンでは対応し切れないテクニカルな、あるいはドライビング等に関してのアドバイザーとして、ジャーナリストの菰田 潔氏が任命された。さすがはブガッティというべきか、社長のトマス・ブシェール氏自身がタイプ57のオーナーであり、その口から'Bugatti is Back!'が高らかに宣言された。

(別冊CG 道田)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴェイロン16.4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ブガッティ・シロン 2016.11.11 画像・写真 ブガッティ ジャパンが「ブガッティ・シロン」をお披露目した。搭載される8リッターW16気筒4ターボエンジンは、最高出力1500psと最大トルク163.2kgmを発生し、0-100km/h加速が2.5秒、最高速度は420km/hとアピールされる。このモンスターマシンの姿を写真で紹介する。
  • 【Movie】1億6300万円で1001ps、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」で300km/hオーバーを味わう(前編) 2005.12.2 自動車ニュース 2005年の東京モーターショーで正式に市販モデルとして発表された「ブガッティ・ヴェイロン16.4」。1億6300万円(予定)という超高級車、最高出力1001psというモンスターマシンに同乗できる機会が訪れた。舞台は富士スピードウェイ本コース。豪快な走りっぷりを動画でお楽しみ下さい。
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る