【東京モーターショー2005】ブガッティ・ヴェイロンは1億6300万円 300台限り!

2005.10.19 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】ブガッティ・ヴェイロンは1億6300万円 300台限り!

1001ps、最高速度400km/hオーバーを豪語する「ブガッティ・ヴェイロン」。長年カタチだけ展示されてきたスーパーカーが、東京モーターショーで生産モデルとして登場!


ブガッティ社長のトマス・ブシェール氏(左)と、ニコルのニコ・ローレケ社長。
 

■“Bugatti is Back!”

「フェラーリ・エンツォ」を超え、「マクラーレンF1」を超えたスーパーカーがいよいよ路上を走り出す。4年の歳月をかけ、入念に開発・熟成されたスーパースポーツカー、「ブガッティ・ヴェイロン16.4」がここ東京の地で生産モデルとして正式にデビューした。



 

1001psを発するW16気筒を搭載、最高速度は407km/hを豪語し、先頃、実際にソルトレークで400km/h+をマークしてみせたこのクルマ。付けられたプライスタグは消費税込みで実に1億6300万円という途方もなさだ。しかも、今後4年間にわたって作られる数はわずか300台に限られている。


本当はプレスでも座れないヴェイロンのシート。「座っただけで10万円くらいの価値はあるかな」とは、道田の弁。「近代工業製品らしからぬ雰囲気があるつくり。ドアと運転席の間にスイッチがいくつかあり、ひとつだけ出っ張ったトグルスイッチが400km/hを実現するパワーモードスイッチ」だという。
 

それだけにディーラーシップは厳選され、結果的にアルピナやBMWの販売で実績のあるニコル レーシング ジャパンが担当することになった。ニコ・ローレケ社長は全生産量のうち5パーセント、つまり15台を日本で売るつもりだと語る。

また、クルマがクルマだけに営業マンでは対応し切れないテクニカルな、あるいはドライビング等に関してのアドバイザーとして、ジャーナリストの菰田 潔氏が任命された。さすがはブガッティというべきか、社長のトマス・ブシェール氏自身がタイプ57のオーナーであり、その口から'Bugatti is Back!'が高らかに宣言された。

(別冊CG 道田)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴェイロン16.4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • オープンの「ヴェイロン」、4500万円値下げ 2011.8.18 自動車ニュース 仏ブガッティ車の販売を手掛けるニコル・レーシング・ジャパンは2011年8月17日、「ブガッティ・ヴェイロン16.4 Grand Sport」の新価格を発表した。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
ホームへ戻る