【東京モーターショー2005】ランボルギーニ「究極の差別化要因とは……」

2005.10.19 自動車ニュース

【東京モーターショー2005】ランボルギーニ「究極の差別化要因とは……」

2005年10月19日のプレスデイで幕を開けた「第39回東京モーターショー」。初日早々にプレスブリーフィングを行ったランボルギーニは、ブラックで統一されたブースに真っ白な2台を並べるというクールな演出。会場中で最もシックな空間を作り出した。注目を集めたのは、オープンモデルの「ガヤルド・スパイダー」である。

■すでにソールドアウト

「アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパン設立から、5年が経ちました。日本におけるプレゼンスは着実に拡大しています」と、アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンのカルロ・ザンボット代表が胸を張った。

かわってスピーチに立ったのは、ランボルギーニ社長兼CEOのステファン・ウィンクルマンだ。細いパンツに大きめのシャツのカラーがおしゃれなイタリアの伊達男である。

「ガヤルド・スパイダーにはランボルギーニのすべてがあります。すなわち、極端で、妥協がなく、真にイタリアンなのです」
2006年の販売予定数は、すでにソールドアウトだそうだ。日本への導入は、来年の春になるという。

次にCEOが触れたトピックは、わずか250台のの限定モデル、「ガヤルド・スペシャル」。エクステリアはツートーンに塗り分けられ、パワーは520ps。トランスミッションはローギアード化され、セラミックブレーキが装備される。

以前のランボルギーニは年間250台を販売するにすぎなかったが、昨年の総販売台数は1500台に達した。それでも、変わらないことが一つあるのだという。
「それは、ブランドがビジネスのカギであり、究極の差別化要因であるということです」

(NAVI 鈴木)

 
【東京モーターショー2005】ランボルギーニ「究極の差別化要因とは……」の画像

ランボルギーニ社長兼CEOのステファン・ウィンクルマン氏
 

	ランボルギーニ社長兼CEOのステファン・ウィンクルマン氏
	 

「ムルシエラゴ」も、お揃いの白の外装色。
 

	「ムルシエラゴ」も、お揃いの白の外装色。
	 

ここまでブラック&ホワイトに徹すると、絢爛な会場の中で逆に目立つ。
 

	ここまでブラック&ホワイトに徹すると、絢爛な会場の中で逆に目立つ。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)【試乗記】 2011.11.7 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)
    ……3377万4825円

    超軽量を意味する「スーパーレジェーラ」。ベース車の「LP570-4」と比較して70kg軽量化された「ガヤルド」は、一体どれだけ凶暴化したのか。猛牛で箱根を目指す!
  • ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.27 試乗記 新型「ポルシェ・パナメーラ」に、プラグインハイブリッドモデルの「パナメーラ4 E-ハイブリッド」が追加された。2世代目となり、4WDの駆動システムを得た同モデルに南アフリカで試乗。電動化に見るポルシェのこだわりに触れた。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • マクラーレン720S 2017.3.8 画像・写真 マクラーレンは2017年3月8日、新型スポーツカー「720S」を国内初公開した。新開発のセンターモノコック「モノケージII」を初採用し、720psの4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。車両価格は3338万3000円。その詳細を画像で紹介する。
ホームへ戻る