【東京モーターショー2005】ホンダのテーマ「FINE」はパワートレイン技術で実現

2005.10.19 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】ホンダのテーマ「FINE」はパワートレイン技術で実現

2005年10月19日のプレスデイで幕を開けた第39回東京モーターショー。ホンダのプレスブリーフィングでは、クルマ作りの方向性である「FINE」の解説と、それを具現した3台のコンセプトカーが紹介された。


「クルマを操る楽しさは、ホンダらしさを際立たせる大事な個性」と語る、本田技研工業の福井社長。
 

■「FINE」のキーはパワートレイン技術

本田技研工業の展示テーマは「FINE」。
「クルマを操る楽しさ」に加え、乗る人全員が安心して移動を楽しめる「喜びの時間」を与える、クルマ作りの方向性を言葉で表したものだという。


会場には「シビックハイブリッドスポーツコンセプト」の展示もある。
 

運転や移動の喜びを創造する「FINE」テクノロジーのキーは、パワートレイン技術であるとは、福井社長の弁。
2000年より始まった軽量コンパクトで高出力な、次世代エンジンへの切り替えは、新型シビックで完了。今後は3年をめどに、VTECと気筒休止技術を進化させ、知能化した制御技術でさらなる燃費向上を実現する、新しいユニットを登場させる予定だという。さらに、そのエンジンにはハイブリッドシステムも組み合わせられ、量産車のパワートレインの選択肢の一つとして普及させる考えだ。

そのFINEの現在をあらわすのが、先月発表された「シビック」であり、未来の形が「スポーツ4コンセプト」に見られる。


こちらが家庭で水素を供給するシステム「HES(ホンダエナジーステーション)。
 

■家庭でも水素供給できるシステムを開発

そのキーテクノロジーの一つ、燃料電池にも、ホンダは力を入れる。しかしその価値は環境性能だけではなく、走る楽しさや快適性でもガソリン車をしのぐものとしたいという。

たとえば今回出展された「FCXコンセプト」。先進的なデザイン、広い室内、高い走行性能を実現した、低床プラットフォームなどがその一つの価値である。

まだまだスタックや水素タンクなどの小型化などの課題があるが、7、8年先市販化に向けて、主要燃料部品の技術進化を進めていくとのことだ。

さらに問題となる水素を供給するインフラについては、一つの提案がされている。車両と同時に展示されたのは、各家庭で水素を供給するシステム。水素だけではなく、熱や電力も同時に供給することにより、各家庭に必要な機器として普及させていきたい考えだ。

これらの先進技術は、デザインにも影響すると考える。福井社長曰く、「先進技術に裏付けをされた機能美と人の感性に訴えかける美しさ」を持ち、「人を中心に考え、時代に先駆けるエモーショナルデザインが今後の方向性」とするという。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。