【東京モーターショー2005】ベントレー・アズール復活!

2005.10.19 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】ベントレー・アズール復活!

2005年10月19日のプレスデイで幕を開けた「第39回東京モーターショー」。ベントレーブースにはカバーをかけたままのモデルが1台。それは、「ワールドプレミアの名前」だった。


復活をとげたアズール
 

■優雅で豪華な4シーター

ベントレーのブースでは、「コンチネンタルGT」の4ドア版たる「フライングスパー」が輝く。その隣に置かれたクルマには、シルバーのカバーがかけられていた。シークレットモデルを前に、ベントレーCEOのDr.フランツ-ヨゼフ・ペフゲンがスピーチを始めた。

「86年の歴史のなかで、ベントレーは今最もエキサイティングな時を迎えています」と、Dr.ペフゲンは重厚な口調で語りだした。ベントレーはレースでの活躍や伝統が取り上げられるだけでなく、近代的で影響力のあるブランドに成長したのだという。アルナージに加え、コンチネンタルGTとフライングスパーがラインナップに並んでいる。日本でも、フライングスパーが今月から供給されることになるのだそうだ。


Dr.フランツ-ヨゼフ・ペフゲン
 

さらに、オープンモデルのコンチネンタルGTCの登場がアナウンスされているが、オープンモデルは全部で2台あるという。カバーが外されて登場したのは、LAモーターショーで発表された「アルナージ・ドロップヘッドクーペ」だった。サルーンのリアセクションに大幅な変更を施し、電動ソフトトップをあしらったモデルである。

今回の発表で正式に生産開始が明言され、「アズール」の名が与えられることが明らかとなった。2003年に途絶えていた栄えある名称が復活することになったわけだ。優雅で豪華な4シーターオープンは、2006年春から新たな物語を紡ぎ始める。

「ベントレーはこのモデルで独自のクラスを創設する」とDr.ペフゲンは強調した。ベントレーのフラッグシップであるアズールの名がよみがえることが重要なのだという。「なぜなら、リビエラのライフスタイルに最もマッチするのがこのクルマなのです」

(NAVI 鈴木)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル/ミュルザンヌ【試乗記】 2014.9.23 試乗記 4リッターDOHCと、“伝統の”6.75リッターOHV。素性の異なるV8ツインターボエンジンを搭載したベントレーの“レアな”2モデル、「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」と「ミュルザンヌ」を初秋の箱根で試した。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る