【東京モーターショー2005】フォルクスワーゲン 夢とリアル、二つのワールドプレミア

2005.10.19 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005】フォルクスワーゲン 夢とリアル、二つのワールドプレミア

2005年10月19日のプレスデイで幕を開けた「第39回東京モーターショー」。フォルクスワーゲンは、2台のワールドプレミアを用意した。1台はすぐに手の届くリアルなモデル、もう1台はVWの考える未来の夢である。


【写真上】ポロGTI
【写真下】ポロGTIをプレゼンテーションする梅野勉VJG社長
 

■ゴルフGTIゆずりのハニカムグリル

「ブランド変革」というキーワードも、すっかり定着したVW。挨拶に立ったフォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(VGJ)の梅野勉社長は、フォルクスワーゲンが幅広いセグメントでベンチマークを提供していることを強調した。ゴルフクラスは当然として、具体的な“幅広い”は、「トゥーラン」と「トゥアレグ」の成功を指している。


こちらは3.2リッターV6を搭載するゴルフのスポーティスペシャル「R32」
 

「質実剛健で親しみやすいというだけでなく、フォルクスワーゲンのブランドイメージにはエモーショナルでダイナミックという項目が加わっています」そして、スポーティなモデルに関心の高い日本において、ゴルフGTIに加えてさらにコアバリューを強化するものとしてワールドプレミアを用意した、と語った後に、「ポロGTI」が披露された。

ゴルフGTIと同様にV字型のフロントグリルはブラックアウトされたハニカムグリルとなっており、精悍な表情を見せる。車高はノーマルモデルよりも15mmローダウンされ、16インチアルミホイールからは赤く塗られたブレーキキャリパーが顔をのぞかせる。150psを発する1.8リッターターボエンジンを搭載し、0-100km/hは8.2秒。最高速は216km/hに達する。


エコレーサーの最高速度は230km/hに達するという。
 

■ルポTDIにダイナミックをプラス

もう1台のワールドプレミアは、カーボンファイバー製の超軽量ボディを持つツーシータースポーツだ。1998年に発表された「ルポTDI」は100kmあたり3リッターという低燃費車だったが、今回のコンセプトカー「エコレーサー」は低燃費とスポーツドライビングを両立させることをテーマにしている。モックアップではなく、実走可能なモデルなのだという。コンセプトは、0.3リッターディーゼルを搭載し、1リッターで100km走行することを目指した「1リッターカー」に通じるものがある。

ミドに搭載されるエンジンは1.5リッター直噴ターボディーゼルで、ツインチャージャーガソリンエンジンとともに「ダウンサイジング・コンセプト」と呼ばれているものだ。最高出力は136psで、組み合わされるトランスミッションは2ペダルMTのDSGだ。エンジンフード、ドア、ルーフなどはカーボンファイバー製で、車両重量は850kg。ルーフやピラーを取り外して、ロードスター、スピードスターに変身することもできる。

能書きを抜きにしても、ダブルヘッドランプの作る挑戦的な表情など、コンパクトななかに迫力を得ているデザインも魅力的だ。

(NAVI 鈴木)

関連キーワード:
ポロゴルフフォルクスワーゲンゴルフ/ゴルフヴァリアント東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォルクスワーゲン) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトショーにおけるフォルクスワーゲンの展示ブースより、コンパクトSUVの「T-Roc」や、新型「ポロGTI」、電気自動車のコンセプトモデルである「I.D.CROZZ II」「I.D.BUZZ」などの姿を写真で紹介する。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
ホームへ戻る