【東京モーターショー2005プレビュー】4シータークーペカブリオ「オペル・アストラ・ツイントップ」

2005.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】4シータークーペカブリオ「オペル・アストラ・ツイントップ」

オペルブースには、アストラのニューモデル「アストラ・ツイントップ」を出展。欧州で2007年春に発売される予定のモデルだ。



 

リトラクタブル・ハードトップを採用した4シータークーペカブリオである。最新式の3分割折りたたみ式ハードトップを備え、ボタンを押せば30秒でクーペからカブリオレに変身する。

「ザフィーラ」の2006年モデルにも注目。2005年後半に日本に導入される予定の、3列7人乗りコンパクトミニバンである。
新型は、ダイナミックなデザインやドライビング性能に加え、「フレックス7」というシートアレンジを備えたインテリアがウリ。シートを取り外したり、面倒な格納をせずとも、7人乗りワゴンから1820リッターの荷室容量をもつ二人乗りバンに変化させることができる。

(webCGオオサワ)

関連キーワード:
アストラハッチバックオペル東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・ヴィータGLS(4AT)【試乗記】 2001.2.21 試乗記 オペル・ヴィータGLS(4AT)
    ……187.0万円

    オペルの小型ハッチ、ヨーロッパでは「コルサ」、邦名「ヴィータ」の国内販売が、2001年2月1日から始まった。当面、輸入されるのは、1.4リッター+4段ATの5ドア「GLS」と3ドア「Swing」。「かわいいヴィータ……」からの脱皮を図り、先代より半まわり大きくなったコンパクトモデルはどうなのか?


  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • オペル・ヴィータ スポーツ【試乗記】 2002.8.16 試乗記 オペル・ヴィータ スポーツ

    2002年モデルから導入された1.2リッターの最廉価ニューヴィータ。「イージートロニック」を搭載するスポーティモデルに、自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。
    会員コンテンツ「Contributions」より再録。


  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • トライアンフ・タイガー800XCA(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.16 試乗記 ユニークな3気筒エンジンを搭載したトライアンフのアドベンチャーモデル「タイガー800」。そのなかでも、最もオフロード向けのキャラクターを持つのが最上級グレードの「XCA」だ。21インチスポークホイールに秘められた、ヤル気の片りんに触れた。
ホームへ戻る