【東京モーターショー2005プレビュー】燃料電池車もプレミアムへ「ホンダFCXコンセプト」

2005.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】燃料電池車もプレミアムへ「ホンダFCXコンセプト」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。ホンダブースでは3台のコンセプトカーをワールドプレミアとして展示する。



 

■ホンダFCXコンセプト(参考出品車)

ホンダの燃料電池車「FCX」は、従来の小型SUVのボディから一新、モノフォルムのセダンボディをまとって登場する。
全長×全幅×全高=4720×1870×1430mmとホイールベース=2900mmというボディは、「レジェンド」の前後を210mm詰めたようなサイズ。

インテリアには透明素材やレザー、ウッドなどの素材を使用し、先進感とともにやすらぎ感を求めたという。床は室温などを光で知らせるインタラクティブフロア、インパネは空中に浮いているようにレイアウトされる。助手席側のインパネ部分は、高速時には上方に、低速時に下方に移動し安定感と開放感をもたらすという演出も。



 

ホイールベースの長さがもたらす室内空間の広さを活かし、リアにはオットマン付きのリクライニングシートという上級の装備がなされる。

ドライバーの視線を感知し、オーディオやエアコンの操作を視線移動だけでできる「視線入力スイッチ」。さらには、センサーと知能化カメラによって、クルマに近づくだけでドライバーを認識しドアロックを解除するという、先進の生体認証技術も投入されている。


低床化を実現した「V Flow F.C.プラットフォーム」
 

■燃料電池車でも低床プラットフォーム化を

注目の燃料電池は、100kWの高出力を発生しながらも、従来よりもさらにコンパクトに改良。これを床下センタートンネルに配置し、ギアボックスと同軸化されたフロント駆動モーターと、2つのリアインホイールモーター、合計3つのモーターで四輪を駆動する。

燃料電池車の問題点である水素タンクの容量拡大は、通常用いられる高圧縮化ではなく、タンク内に水素吸着材を内蔵するという新手法が取り入れられた。高圧縮化ではタンク強度を上げるために重量増につながるというデメリットを避けたという。これにより従来比2倍の搭載量を達成しつつも、コンパクト化と軽量化を果たした。
これらコンパクト化や低重心化により、ホンダがガソリンエンジン車で主流にしつつある、低床プラットフォームを燃料電池車でも実現した。居住性だけでなく、走行性能についてもその恩恵を受けることになるだろう。

クリーン性能をも「プレミアム」の一部として提案するあたり、“技術のホンダ”らしいコンセプトカーといえるだろう。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。