【東京モーターショー2005プレビュー】愛犬家のためのミニバン「ホンダW.O.Wコンセプト」は犬も快適

2005.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】愛犬家のためのミニバン「ホンダW.O.Wコンセプト」は犬も快適

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。ホンダブースでは3台のコンセプトカーをワールドプレミアとして展示する。



 

■ホンダW.O.W(ワウ)コンセプト(参考出品車)

開発テーマは「愛犬と一緒の、新しいモビリティライフを提案する(プレスリリース)」ワゴン。愛犬と快適に過ごすための、数々の機能が盛り込まれている。車名は「Wonderful Open-hearted Wagon」の頭文字を取ったというが、犬の鳴き声を意識したことは明らかだ。



 

助手席前のグローブボックスは、表面が通気性の良いメッシュ素材の犬の家となっている。ただし、犬用のエアバッグは装備されていない模様。
全長×全幅×全高=3980×1720×1680mm、ホイールベース=2680mmというボディは、「エディックス」より短く、狭いが、若干背が高いというサイズ。通常は4人乗りだが、2列目を後ろまで下げることにより、床下に収納されたエクストラシートを間に設置できる。これで6人乗車が可能。さらにそのエクストラシートをアレンジすることにより、中型犬を乗せることができるセンタークレートが現れる。



 

助手席側の開口部は観音開きの電動スライドドアで大きく開き、さらに低床設計のおかげで人間も犬も乗り込みやすいという。フロアはウッド素材を用い、テラスのような雰囲気だ。
テールゲートもまた、左右に7:3で観音開きする。開口部は中央部がへこみ、左右が高くなっており、荷物の出し入れはしにくそうである。しかし、ウォークスルーの車内レイアウトもあり、荷室から運転席に移動することも可能だ。

犬に注目が集まるクルマだが、ナチュラルなインテリアに加えて低床設計+大開口のスライドドアなど、普通のミニバンとしても魅力的なスペックで、愛犬家以外も見逃せない。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。