【東京モーターショー2005プレビュー】直噴ロータリーエンジンとハイブリッドが低燃費化を進める「マツダ先駆」

2005.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】直噴ロータリーエンジンとハイブリッドが低燃費化を進める「マツダ先駆」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。マツダはお得意のロータリーエンジンを用いた、4シータースポーツカーや水素燃料のコンセプトカーなどを展示。さらに次期市販モデルの発表も行われる。



 

■先駆(参考出品車)

実用的なミニバンよりも、パーソナルな上質空間を持ちたいという、“新しい大人の感性”に訴えたというのが「マツダ先駆(せんく)」。

全長×全幅×全高=4650×1850×1400mmという低くワイドなボディは、全体的にシンプルなデザイン。ボディカラーのインゴットシルバーは、デザインと共に、無垢から削りだしたような雰囲気を醸し出す。フロントグリルはシースルー素材が用いられ、イグニッションをオンにするとロータリーグラフィックのイルミネーションが点灯する仕掛けも。



 

スポーツカーらしい適度なタイト感を持つというシートは前席2シーターが基本となるが、後席パネルをアレンジすることにより、2+2の4人乗車が可能となる。ビビッドな漆黒と紅に、メタルの素材が光るインテリアカラーが、よりいっそう車内をスポーティに演出。素材にも最高級品が用いられるという。

機関面でのトピックは、次世代「REハイブリッド」が採用されたこと。これはロータリーエンジンの問題点である燃費の改善に、ガソリン直噴化という手法を取り入れたものだ。さらにこれには、ジェネレーター+モーター+バッテリーのハイブリッドユニットが組みあわせられる。
動力は乾式ツインクラッチを介し、7段パワーシフトによって、22インチという大径タイヤに伝えられる。



 

さらに、革新的と謳う「マツダマルチフレーム構造」により、軽量化と高い衝突安全性、ボディ剛性の強化が実現されたという。マツダスポーツカーのポリシーである前後重量配分50:50と、低重心化にも怠りはない。

「フライングウイング」と呼ばれるおよそ800mmの大開口部を持つスライドドアは、狭い場所での乗降に重宝するが、逆に後部にはみ出るので、後ろには注意が必要だ。
天井はガラスルーフになっているが、後部は実はシースルーのソーラーシステムとなっている。ここで得られた電力は、ハイブリッドシステムに供給される仕組みだ。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。