【東京モーターショー2005プレビュー】開放感抜群のセミオープンビークル「ダイハツ・コスタ」

2005.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】開放感抜群のセミオープンビークル「ダイハツ・コスタ」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。「小さいクルマが主役の真に豊かなクルマ社会」のリーディングカンパニーを目指すというダイハツからは、「ワンダフル・スモール」と題して、いくつものコンセプトカーおよび市販予定車が出展される。



 

■ダイハツ・コスタ(参考出品車)

「カジュアルに風と戯れる楽しさを提案した(プレスリリース)」というセミオープンスモールビークル。愛嬌あるエクステリアデザインは、カジュアルサンダルがテーマになった。

ウィンドシールド以外は基本的にオープンでドアレス、天井も3本のクロスバーのほかはオープンとなる。4人分のセパレートシート外側には、安心感ももたらすアウターアームレストがつく。



 

コンパクトなボディサイズはホイールベース2390mm、全長3395×全幅1475×1575mmで軽自動車クラス。室内はメッシュ表皮のハンモックシート、ウッドデッキフロアを採用したオールウェザータイプが用いられる。
エンジンはTOPAZ直列3気筒12バルブDOHCターボの660cc。駆動はフルタイム4WDで、190mmのロードクリアランスとともにビーチなどの悪路も考えてのスペックだ。

(文=ken)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。