【東京モーターショー2005プレビュー】ランドローバーは2005年のニューカマーが勢揃い

2005.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】ランドローバーは2005年のニューカマーが勢揃い

PAGブースのランドローバーコーナーは、市販モデルが並ぶ。2005年になって登場してきたニューモデルカマー「ディスカバリー3」「レンジローバー」「レンジローバー スポーツ」が中心だ。


【写真上】レンジローバースポーツ
【写真下】ディスカバリー3
 

■発売前のレンジローバースポーツも

ランドローバー5番目のモデルで、スポーツツアラーSUVを謳うのが「レンジローバースポーツ」。日本市場では2006年初頭に登場する。
その発売日に先駆け、11月には特別限定車ファーストエディションをリリース予定。4.2リッターV8スーパーチャージドエンジンと、自然吸気4.4リッターV8エンジンを積む。
ランドローバー伝統のオフロード性能に加えて、ベストハンドリングをも追求したという。そのためシャシー関係をチューニング。ボディ外観上にも独自のデザインを取り入れた。


レンジローバー
※写真はいずれも欧州仕様
 

「ディスカバリー3」は、名前の通り3世代目に一新され、日本市場へはこの春から投入された中核モデル。このモデルからいっそうの上級化を果たした。エンジンはジャガー製4.2リッターから派生した4.4リッターV8(299ps)と、4リッターV6(215ps)の、いずれもガソリンユニット。トランスミッションは6段ATが組みあわせられる。
全車標準装備で電子制御エアサスペンションを採用。あわせて5モードの新機構「テレインレスポンス」を初めて実用化し、定評ある走りに磨きをかけた。レンジローバーに顔が似てきた新型ボディは7人乗り。

最高級プレミアム4×4と誇る「レンジローバー」は、この夏からスーパーチャージャーモデルを加えた。ジャガー製となる4.2リッターV8は396psの最高出力を得、ランドローバー史上もっともパワフルなモデルになった。さらに自然吸気の4.4リッター306ps搭載グレードもラインナップする。トランスミッションはZF製の6段ATに進化。外観上はフロントグリルのデザインの変更が行われた。

(文=ken)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.18 試乗記 最高出力550psの過給機付き5リッターV8エンジンを搭載し、オンロードでの動力性能を突き詰めた「ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR」。強烈なパフォーマンスとランドローバーならではの上質感が織り成す、走りの魅力に触れた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る