【東京モーターショー2005プレビュー】マツダはロータリーエンジンに、水素燃料とハイブリッドシステムをドッキング

2005.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】マツダはロータリーエンジンに、水素燃料とハイブリッドシステムをドッキング

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。マツダはお得意のロータリーエンジンを用いた、4シータースポーツカーや水素燃料のコンセプトカーなどを展示。さらに次期市販モデルの発表も行われる。


【写真上】プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド
【写真下】RX-8ハイドロジェンRE
 

■水素ロータリーを市販化に向けて

現在、世界で唯一のロータリーエンジン搭載車を生産するマツダ。そのユニットをベースに、わずかな変更で水素でも(ガソリンとのデュアルフューエルシステム)走れるようにしたのが、マツダが誇るRENESIS水素ロータリーエンジンだ。

水素を燃焼室内に直接噴射する、電子制御ガスインジェクター方式を採用。このパワーユニットを搭載した「RX-8ハイドロジェンRE」は、2003年の東京モーターショーにも出展された。2004年10月には認定を受けてナンバーを取得、現在は公道走行試験が行なわれている。

市販化を目指してトランスミッションをAT化し、タンクの大型化や燃費改善技術により、航続距離は100km(10・15モード)にまで延びたという。なお、走行中にもし水素がなくなった場合には、自動的にガソリンモードに切り替わる。あるいは、走行中でもスイッチ操作ひとつで、任意にガソリンモードへ切り替えが可能だ。

■マツダ・プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド(参考出品車)

今度のショーで初公開されるのは、ハイドロジェンREをFFミニバンに搭載した「プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド」。その名の通り、単に水素ロータリーエンジンを載せただけではなく、ハイブリッドシステムをも組み合わせて搭載したのが特徴的。

これらのパワーユニットはフロントに横置きされ、前輪を駆動。2列目シート下に高電圧バッテリー、3列目シートスペースには高圧水素タンクを備える。したがって2列シートの5人乗りに変化。つまり、ガソリンエンジン、水素エンジン、電気モーターの3つで構成されるわけだ。
定番ともいえる機構として、信号待ちなどの停車時はアイドルストップ、発進・加速時にはモーターが駆動して走行レスポンスを高め、減速時には減速エネルギーを電力として回生しバッテリーを充電する。

■マツダ・トリビュート ハイブリッド(北米向け市販予定車)

そのハイブリッドシステムを、レシプロ・ガソリンエンジンの直列4気筒MZR2.3リッターと組み合わせたのが、この10月からアメリカ市場にデビューする予定の4WD・SUVの「トリビュート ハイブリッド」。ベースとなるMZRエンジンは、新たにアトキンソンサイクルの採用で、燃費向上と133ps(99kW)へのパワーアップを得た。40km/hまで電力のみでも走行可能な交流同期モーター(出力70kW)、電子制御無段変速トランスミッション(CVT)などが搭載される。

(文=ken)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。