【東京モーターショー2005プレビュー】東京スペシャルの「MINIコンセプトトーキョー」とは?

2005.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】東京スペシャルの「MINIコンセプトトーキョー」とは?

BMWグループのMINIは、日本ではまだ未発売のバリエーションモデル3台と、コンセプトカー1台に加え、クーパーチューンのコンバーチブルも展示される。


【写真上】MINI Seven
【写真下】MINI Park Lane
 

■注目は「MINIコンセプトトーキョー」

2005年10月から欧州で順次発売されている3台が日本でお披露目される。いずれも先代MINIに由来する名前を持つ、個性的な内外装を与えられたグレードだ。
初代MINIのルーツである「オースティン・セブン」にちなむ「MINI Seven」と豪華仕様の「MINI Park Lane」。スポーツ志向の「MINI Checkmate」がそれらである。


MINI Checkmate
 

さらに「MINIコンセプトトーキョー」なるモデルが登場することもアナウンスされた。
先のドイツ・フランクフルトショーにおいて「コンセプトフランクフルト」という、MINIのストレッチワゴンモデルが登場したが、「トーキョー」はこれに特別な内外装を与えたモデルだと噂されている。
真相は会場でご覧あれ。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • BMW & MINIディーゼルモデル試乗会【試乗記】 2016.6.29 試乗記 この春、BMWグループが小型モデルのディーゼルラインナップを一気に充実させた。注目の1.5リッター直列3気筒ディーゼルエンジンを搭載する「MINIクーパーD」や、「BMW 1シリーズ」初のディーゼル「118d」など、計4モデルに試乗する。
  • MINIジョンクーパーワークス(FF/6AT)【試乗記】 2015.6.16 試乗記 一番ホットなMINI、「ジョンクーパーワークス」の最新型に試乗。ワインディングロードでむちを当てると、速さだけではない、その驚くべき特徴が見えてきた。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にコネクティビティーを強化した特別仕様車 2016.11.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月29日、ハッチバックの「ゴルフ」と、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「ゴルフ コネクト」「ゴルフ ヴァリアント コネクト」を設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る