【東京モーターショー2005プレビュー】BMWは「Z4クーペ」と、300km/h超の水素自動車がトピック

2005.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】BMWは「Z4クーペ」と、300km/h超の水素自動車がトピック

BMWは、3台のコンセプトカーに加え、現行ラインナップからほとんどのクルマがブースにそろう予定。


【写真上】Z4クーペコンセプト
【写真下】H2R
 

■ワールドプレミアはないが……

フランクフルトショーで発表された「Z4クーペコンセプト」が日本上陸。先代のオープン2シーター「Z3」がそうであったように、Z4も後にクローズドボディが加えられた。今回はコンセプトカーとして展示されるが、市販間近と噂される。

9つの世界記録を持つ水素自動車「H2R」は、12気筒エンジンから発生する285psという出力で、302.4km/hの最高速度を達成したという。水素燃料自動車でも「駆けぬける歓び」を追求したクルマだ。


X3エフィシェントダイナミクス
 

そしてフランクフルトショーでお披露目された、小型SUV「X3」ベースの「X3エフィシェントダイナミクス」。水素燃料にこだわっていた同社だが、ハイブリッドSUVも遅ればせながら出展される。エネルギー回生ブレーキを利用し、加速時に再利用する仕組みを採用。エンジンのオートスタートストップによる燃料の節約も行われる。

またその他市販モデルとして、発表されたばかりの130i M-Sportや3シリーズツーリング(ワゴン)、M5やM6などのハイパフォーマンスモデルも展示される。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
Z4クーペBMW東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る