【東京モーターショー2005プレビュー】市販予定のカジュアルミニ「ダイハツ・エッセ」は次期主力エンジンを搭載

2005.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】市販予定のカジュアルミニ「ダイハツ・エッセ」は次期主力エンジンを搭載

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。「小さいクルマが主役の真に豊かなクルマ社会」のリーディングカンパニーを目指すというダイハツからは、「ワンダフル・スモール」と題して、いくつものコンセプトカーおよび市販予定車が出展される。



 

■ダイハツ・エッセ(市販予定車)

もっとも現実的な軽乗用車として提案されるカジュアルミニ。
全長3395×全幅1475×全高1470mmの5ドアボディは、肩の力を抜いたスタイリングと自然のエッセンスを意識したという5色のボディカラーを持つ。室内はストレスフリーデザインと、外装色と連携するインテリアカラーが用いられ、特に女性ユーザーに好まれそう。



 

エンジンは新開発の0.66リッターTOPAZ KF直列3気筒12バルブDOHCガソリン(58ps)で、駆動はFF。このユニット、燃費向上などを追求して誕生した、今後の中心エンジンとなるであろう存在だ。
スーパーインテリジェント触媒などの新技術もあわせて導入。エッセ自体も優れた低燃費と、平成17年基準排出ガス75%低減レベル相当のクリーン性を実現したという。

(文=ken)

関連キーワード:
エッセダイハツ東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • ダイハツ・ミラ イースX(FF/CVT)【試乗記】 2011.10.24 試乗記 ダイハツ・ミラ イースX(FF/CVT)
    ……99万5000円

    話題の新型軽「ダイハツ・ミラ イース」に試乗。自慢の燃費性能から走りまで、その実力をリポートする。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
ホームへ戻る