【東京モーターショー2005プレビュー】ボルボ、ニュー「C70カブリオレ」と「3CCコンセプト」

2005.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】ボルボ、ニュー「C70カブリオレ」と「3CCコンセプト」

ボルボは、4シーターオープンのニューモデル「C70カブリオレ」を公開。ほかに、コンセプトカー「3CC」やSUV「XC90」のV8モデルなどを出展する。


C70カブリオレ
 

■新C70カブリオレは“クーペカブリオレ”

新型「C70カブリオレ」は、電動リトラクタブルハードトップを備える4シーターオープン。「エレガントなカブリオレであり、かつ、スポーティなクーペであるクルマ」を謳う。
ボディサイズは先代より若干短く、低くなり、全長×全幅×全高=4580×1820×1410mm、ホイールベースは2640mm。車幅は同値で、よりスポーティな印象を与える。


コンセプトカー「3CC」
 

リトラクタブルハードトップは3枚のスチールパネルで構成され、開閉時間は約30秒。折りたたまれたルーフは荷室に格納され、オープン時の荷室容量は200リッター(クローズでは400リッター)となる。格納されたルーフは電動で200mm持ち上げることができ、オープン時にも荷室の使い勝手を高める工夫がなされた。インテリアは、「S40」「V50」に採用した薄型のフリーフローティングセンタースタックを採用するなど、モダン・スカンジナビアンデザインだ。



 

3CCは「パーソナルな移動を実現する未来カー」。前2、後1の特殊なシートレイアウトをもち、後席は大人1人、または子供2人が乗れる。フロアを二層式として、内部にリチウムイオン電池を搭載。モーターで駆動する「ゼロエミッション」カーだ。二層式フロアには、ガソリンエンジンやハイブリッドなど、他のパワートレインを組み込むこともでき、将来の展開も見据えたつくりになっている。


XC90
 

XC90のトップグレードたるV8エンジン搭載モデルも展示。60度バンクをもつV8ユニットは、最高出力315ps、最大トルク44.9kgmを発生。トランスミッションは6段ATが組み合わされる。駆動方式はもちろんAWDこと4WDだ。

(webCGオオサワ)

関連記事
  • ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2010.4.19 試乗記 ……589.0万円
    総合評価……★★★★★

    大がかりなお化粧直しで見た目が変わった「ボルボC70」。その走りと乗り心地はどうなった? “ぜいたくオプション”装備モデルで試した。
  • ボルボC70(FF/5AT)/C70 T-5(FF/5AT)【試乗記】 2007.2.16 試乗記 ボルボC70(FF/5AT)/C70 T-5(FF/5AT)
    ……518万4000円/614万4000円

    フルモデルチェンジを果たした「C70」は、電動ハードトップを採用したクーペカブリオレとなった。2つのエンジンを乗り比べ、軍配が上がったオススメグレードは……?
  • ボルボC70(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.3.30 試乗記 ……518万4000円
    総合評価……★★★★★

    「ボルボ」のオープンモデル「C70」が発売された。春は目前、流行のクーペカブリオレスタイルになった新型を、市街地を中心に試した。
  • 「ボルボC70」がマイナーチェンジ イメージ一新 2010.3.12 自動車ニュース ボルボのオープン「C70」がマイナーチェンジ。2010年4月24日に日本で発売される。
  • CC化した新型4シーターオープン「ボルボC70」、予約受付スタート 2006.12.19 自動車ニュース ボルボ・カーズ・ジャパンは、3分割リトラクタブル・ハードトップを備えた4シーターオープン、新型「ボルボC70」の予約注文受付を、2006年12月20日からスタートする。
  • ボルボ「V50」「S60」「C70」の2009年モデル発売 2008.8.20 自動車ニュース ボルボ・カーズ・ジャパンは、「V50」「S60」「C70」それぞれの2009年モデルを、2008年8月20日から販売開始する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.4 試乗記 「マツダCX-3」が発売から1年足らずでマイナーチェンジを受けた。その見どころは、静粛性の強化と「人馬一体感」の向上。最上級グレード「XDツーリング Lパッケージ」の試乗を通じて、その進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る