【東京モーターショー2005プレビュー】ミニバンにもモダンリビングを「日産アメニオ」

2005.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】ミニバンにもモダンリビングを「日産アメニオ」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。日産ブースには、コンセプトカー5台と市販予定車3台が展示される。



 

■アメニオ(参考出品車)

全長×全幅×全高=4900×1900×1830mmというディメンションは、上級ミニバン「エルグランド」より一回り大きいサイズ。特に全幅においておよそ100mm広い。



 

日産「ティアナ」に始まるモダンリビングデザインを、ついにミニバンにも投入。リラックスできるラウンジチェアのようなシートが全6席に備わる。助手席と2列目にはオットマン機構を持ち、より快適な移動を楽しめる。
対してドライバーズシートは、運転に集中する気分にさせるという。高揚感を演出するデザインというインパネ部分は、過剰な装飾を排してメーターやスイッチを整然とまとめた。



 

インパネには18インチという巨大なモニターを設置。カーナビなどの基本情報だけではなく、地球上を走る自車を宇宙から眺める感覚の「アースブラウズ」、進行方向に見える星座を表示する「スペースブラウズ」などもメニューに加わる。

エクステリアで特徴的なのは、サイドのウィンドウグラフィック。フェンダーをより強調するようなデザインで、走りを予感させるシルエットにしたという。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。