【東京モーターショー2005プレビュー】1.5リッターの小型本格SUV「ダイハツ・ビーゴ」は市販近し!

2005.10.18 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】1.5リッターの小型本格SUV「ダイハツ・ビーゴ」は市販近し!

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。「小さいクルマが主役の真に豊かなクルマ社会」のリーディングカンパニーを目指すというダイハツからは、「ワンダフル・スモール」と題して、いくつものコンセプトカーおよび市販予定車が出展される。



 

■ダイハツ・ビーゴ(市販予定車)

ホイールベース2580mm、全長3995×全幅1695×全高1695mmというコンパクトサイズの5ドアボディながら、2リッタークラスのSUVを凌ぐという広い室内空間を誇る。大人5人が快適に乗れ、荷物スペースは5人乗車時でも380リッターを確保。リアシートを跳ね上げれば、26インチのMTBも搭載可能とか。



 

エンジンは1.5リッターのTOPAZ直列4気筒16バルブDOHC。駆動方式はセンターデフロックのついた、本格的なフルタイム4WDを採用する。前後オーバーハングを切りつめたボディと、余裕あるロードクリアランスにより、悪路での走破性を高めたのも特徴。タイヤサイズは215/60R17と大径だ。

(文=ken)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る