【東京モーターショー2005プレビュー】ランボルギーニ/「ガヤルド」のオープンモデルがデビュー

2005.10.17 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】ランボルギーニ/「ガヤルド」のオープンモデルがデビュー

ランボルギーニでは、「ムルシエラゴ・クーペ」と「ガヤルド・スパイダー」を出展する。


【写真上】ムルシエラゴ・クーペ
【写真下】ガヤルド・スパイダー
 

2年前にデビューした「ベイビー・ランボ」ことガヤルドのオープンモデルは、フランクフルトモーターショーでデビューを果たした。ファブリックの電動ソフトトップを持ち、電子制御システムでリアウィンドウと統合してコントロールする。折り畳まれたトップは、カーボンファイバー性のフード下に収納することができる。

4961cc のV10 エンジン(520PS/8000rpm )を搭載し、クーペバージョンよりもローギアード化された6段ギアボックスにより、0〜100km/h を4.3 秒で加速し、最高速度は314km/hに達する。

(文=NAVI鈴木真人)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る