【東京モーターショー2005プレビュー】V型10気筒を積む2シータースポーツコンセプト「LF-A」

2005.10.17 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】V型10気筒を積む2シータースポーツコンセプト「LF-A」

モータースポーツで培った経験、理論、技術を投入してつくられたという、レクサスのプレミアム2シータースポーツが「LF-A」。内外装は、レクサスのデザインフィロソフィである「L-finesse(先鋭・精妙の美)」を具現したという。



 

LF-Aは、新開発のV型10気筒をパワーソースにもつ、プレミアム2シータースポーツのコンセプト。シンプリシティとエレガンスが共存すると謳うボディは、高速時のハンドリングや安定性を追求した“究極の重量バランス”を実現したという。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4400×1860×1220mm、ホイールベースは2580mmで、「ランボルギーニ・ガヤルド(同4300×1900×1165mm/2560mm)に近い。

(webCGオオサワ)

レクサス:
http://lexus.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。