【スペック】全長×全幅×全高=5085×1985×1740mm/ホイールベース=3000mm/車重=2370kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(350ps/6800rpm、44.9kgm/3500rpm)/価格=945.0万円(テスト車=996.0万円/アダプティブ・エア・サスペンション=40.0万円/6人乗りパッケージ=11.0万円)

アウディQ7 4.2 FSIクワトロ(6AT/4WD)【試乗速報】

プレミアムSUVはニッチを目指す 2006.11.29 試乗記 アウディQ7 4.2 FSIクワトロ(6AT/4WD)……996万円2006年10月4日、アウディ初の大型SUV「Q7」が発売された。5メートルを超えるボディに、3列7人乗りを採用した高級SUVの乗り味は?そして、リポーターが考えるライバル車は意外に!?


アウディQ7 4.2 FSIクワトロ(6AT/4WD)【試乗速報】の画像
テスト車は、オプション設定される「6人乗りパッケージ」装着車。2列目シートが、前席同様に前後可動式のコンフォートタイプのシートとなり、センターコンソールには、調整機能やカップホルダーなどが備わる。

テスト車は、オプション設定される「6人乗りパッケージ」装着車。2列目シートが、前席同様に前後可動式のコンフォートタイプのシートとなり、センターコンソールには、調整機能やカップホルダーなどが備わる。

アウディQライン戦略

2004年の「A6」から新世代ラインナップで果敢に挑戦を始めたアウディは、その第二段階に入りつつある。03年に登場させた一連のコンセプトモデルを突破口として、さらなる攻勢をかけようというものだ。
それはパイクスピーク・コンセプトから生まれた「Q7」、ヌヴォラーリ・コンセプトから生まれた新型「TT」、そしてルマン・コンセプトの現実版たる「R8」である。Q7はハイパフォーマンスSUV、TTはスポーツカー、そしてR8はスーパースポーツである。

これら第二段階シリーズを、アウディは乗用車系のAライン、それの高性能版系列のSラインに続くQラインと呼ぶ。このラインナップを見てもおわかりのように、高性能とニッチ向け個性を重視したアウディのイメージリーダー的シリーズとも理解できる。

その一つ、Q7に乗ってきた。



アウディQ7 4.2 FSIクワトロ(6AT/4WD)【試乗速報】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

強い自己主張

アウディによれば、このQ7は「メルセデスML」「BMW X5」「ポルシェ・カイエン」などをライバルとし、何よりも大きなボディによる存在感の大きさ、スタイリングの新しさ、そして長年クワトロシリーズで蓄積したダイナミック・パフォーマンスが武器だという。

たしかにこれは小山のように大きい。外寸は5085×1985×1740mmもあるから、ヨーロッパ製SUVの競合車を凌ぐ大きさで、ほとんどアメリカの大型SUV並みである。

それにシングルフレーム・グリルを目一杯生かして、その力強さをリアエンドにまで引っ張ってきた独特のスタイリングは、たしかに個性的で野心的だが、人によってはやや強過ぎると受け止めるかも知れない。でも和田シニア・デザイナーによれば、この大きさや力強さは、ヨーロッパの狭い道を持った古い都市でも似合ったばかりか、期待以上の良好な反応を得たという。

いずれにしても特にこのプレミアム高性能SUVの世界は、強烈な個性と自己主張なしには生き残れないのだろう。





居心地に貢献するインテリア

走るとライバルとはやはり違った味わいを持っている。全般的に予想以上に乗り心地はいいし、振動や騒音の遮断が優れていて、とても気持ちがいい居心地を提供してくれる。それには理性的に筋が通っていながら、品質感や色遣いを大切にし、強さよりも品格を重視したようなインテリア・デザインも貢献している。

エンジンそのものはきちんと回り、きちんとトルクをフィードするユニットだが、BMWやポルシェほど直接感覚に訴えるタイプではない。ただしレスポンスがいい6段ティプトロに助けられて、2.3トンを超えるボディをかなり敏感に走らせる。メーカーによれば0-100?/hを7.4秒という加速性能を持つのだ。

試乗車にはオプションのアダプティブ・エア・サスペンションが付いていた。これは「A6オールロード・クワトロ」と同様に車高やモードを選べるものだし、その能力の高さはオールロードで確認済みだが、オフロードを選んだときにESPシステム全体もオフロード・モードに切り替わるのが新しい。





ライバルは身内か?

試乗を終えて考えたのは、X5やカイエンよりもアウディ内の別なモデルのほうがライバルになるのではないかという可能性だった。同じ4.2のFSIエンジンを持ったA6オールロードクワトロが980万円に対して、こちらは945万円とやや安い。
これは「A6アバント 4.2FSIクワトロ」とほとんど同じだ。でもエアサスはQ7に限っては40万円のオプションになる。一方で、A6アバント・クワトロが2列シート・5人乗りに対して、Q7は3列目のシートを備えた7シーターで、オプションで中央が優雅な2人用という6シーター版もある。

富裕層の世界でも、ライフスタイルが複雑化しているから、これだけ選択肢が要るようになったということなのだろう。

(文=大川悠/写真=高橋信宏/2006年11月)

関連記事
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
ホームへ戻る