【東京モーターショー2005プレビュー】フェラーリ/「612スカリエッティ」と「F430スパイダー」

2005.10.17 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】フェラーリ

フェラーリブースでは、現在のフラッグシップである「612スカリエッティ」が2台ブースに並べられる。また、8気筒モデルの「F430」と「F430スパイダー」も登場する。


【写真上】612スカリエッティ
【写真下】F430スパイダー
 

現行の市販車種のみの出展だが、ショールームまで足を運ぶ機会のない人にとっては貴重な機会となる。

それでは物足りないというのなら、ブリヂストンのブースで公開されるジウジアーロデザインのコンセプトカー「GG50」がある。612スカリエッティをベースとしたもので、ワールドプレミアとなる。

(文=NAVI鈴木真人)

関連キーワード:
612スカリエッティフェラーリF430F430スパイダーF430チャレンジ東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
ホームへ戻る