【東京モーターショー2005プレビュー】デリカも新世代へ「三菱コンセプト-D:5」

2005.10.16 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】デリカも新世代へ「三菱コンセプト-D:5」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。三菱自動車工業は、「クルマづくりの原点へ。」をテーマに、コンセプトカー2台の展示と市販予定車1台の先行公開を行う。



 

■「コンセプト-D:5」

時代の流れとひと味違う腰高感が人気の、ワンボックスオフローダー「デリカ」次世代モデルと称されるコンセプトカー。どこにでも行ける高機動性・高機能性に加え、上質な居住空間と卓越した走破性能を追求したという。

エクステリアは一目でデリカとわかる、リフトアップされたスクエアなワンボックススタイル。ボディの剛性を高めるための「リブボーンフレーム」構造は、見た目にも堅牢さをアピール。インテリアには金属に自然素材をあわせるなど、新しい試みもなされる。



 

機関には先に発表された「アウトランダー」由来の2.4リッターMIVECエンジン+6段スポーツモード付きCVTと、電子制御4WDを搭載。
サスペンションは前マクファーソンストラット、後マルチリンクに改められた。ストロークを大きく取ってオフロード走破性を高めてあるところも特徴だ。

ミニバンやSUVの新機軸として、先進安全技術が積極的に取り入れられた。10個の近接障害物センサーで車両の周囲の障害物を探知する「車両周辺監視システム」や、道路上の白線を検知し車線逸脱を抑止する「レーンキーピングアシスト」。さらにミリ派レーダーを用いて前車との車間を確保する「アダプティブクルーズコントロール」も採用される。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デリカD:5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)【試乗記】 2013.2.6 試乗記 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)
    ……393万4000円

    「デリカD:5」のラインナップに、“ポスト新長期規制”に適合したクリーンディーゼルエンジン搭載車が加わった。その昔、デリカといえば、四駆にディーゼルが定番だった。いわば老舗のカムバックである。
  • 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)【試乗記】 2007.6.8 試乗記 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)
    ……375万8790円

    悪路走破性能をウリにする「デリカD:5」。セールスポイントの真偽のほどは? オフロードコースでその実力を試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
ホームへ戻る