【東京モーターショー2005プレビュー】マセラティ/エグゼクティブとスポーツ

2005.10.15 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】マセラティ/エグゼクティブとスポーツ

フランクフルトショーでデビューした「クアトロポルテ エグゼクティブ GT」と「クアトロポルテ スポーツ GT」が日本で初公開される。


【写真上】クアトロポルテ エグゼクティブ GT
【写真下】クアトロポルテ スポーツ GT
 

エグゼクティブGTは、クロームメッシュグリル、アルカンターラ・ルーフライニングなどが装備されるラクシャリー仕様。スポーツGTは、カーボンファイバーのインテリア、新デザインの20インチホイールなどでスポーティな仕上げを施したモデルで、ソフトウェアの改良で約35パーセントシフトスピードをアップさせたギアボックスを備える。

このほか、スポーティ・グランドツアラーの「グランスポーツ」、GT選手権に参戦する「MC12」もブースに並べられる。

(文=NAVI鈴木真人)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る