【東京モーターショー2005プレビュー】来年1月の登場が楽しみ「三菱i(アイ)」

2005.10.15 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】来年1月の登場が楽しみ「三菱i(アイ)」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。三菱自動車工業は、「クルマづくりの原点へ。」をテーマに、コンセプトカー2台の展示と市販予定車1台の先行公開を行う。



 

■三菱i(アイ)

2003年の東京モーターショーにも出展された(http://www.webcg.net/WEBCG/news/000014082.html)、「i」の市販直前バージョン。ほぼこのままの形で、2006年1月に発売が予定されている。
2年前からはディメンションが大きく変更され、全長×全幅×全高=3395×1475×1600mmと軽自動車規格内へ収められた。

「人を優しく包み込むようなワンモーションシルエット」を意識したというデザインは、ドアやライトなどにも曲線を多く用いた、かわいらしいエクステリアを持つ。

エンジンは0.66リッター直3MIVECターボユニット。これ荷室下に納めることでリアミッドシップレイアウトとし、タイヤを極限まで外に追い出した。その結果、軽自動車としては異例なロングホイールベース(2550mm)を持つこととなった。(参考:eKワゴン=2340mm、ランサー=2600mm)



 

ロングホイールベースの恩恵は走行安定性の向上だけにとどまらず、軽自動車という限られた枠の中での、居住空間拡大にも寄与している。フロントガラスを大きくすることで、さらに室内を開放的に見せているのも特徴。

デザインや居住性もさることながら、ミドシップということで、走りも気になる一台だ。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る