【東京モーターショー2005プレビュー】来年1月の登場が楽しみ「三菱i(アイ)」

2005.10.15 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】来年1月の登場が楽しみ「三菱i(アイ)」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。三菱自動車工業は、「クルマづくりの原点へ。」をテーマに、コンセプトカー2台の展示と市販予定車1台の先行公開を行う。



 

■三菱i(アイ)

2003年の東京モーターショーにも出展された(http://www.webcg.net/WEBCG/news/000014082.html)、「i」の市販直前バージョン。ほぼこのままの形で、2006年1月に発売が予定されている。
2年前からはディメンションが大きく変更され、全長×全幅×全高=3395×1475×1600mmと軽自動車規格内へ収められた。

「人を優しく包み込むようなワンモーションシルエット」を意識したというデザインは、ドアやライトなどにも曲線を多く用いた、かわいらしいエクステリアを持つ。

エンジンは0.66リッター直3MIVECターボユニット。これ荷室下に納めることでリアミッドシップレイアウトとし、タイヤを極限まで外に追い出した。その結果、軽自動車としては異例なロングホイールベース(2550mm)を持つこととなった。(参考:eKワゴン=2340mm、ランサー=2600mm)



 

ロングホイールベースの恩恵は走行安定性の向上だけにとどまらず、軽自動車という限られた枠の中での、居住空間拡大にも寄与している。フロントガラスを大きくすることで、さらに室内を開放的に見せているのも特徴。

デザインや居住性もさることながら、ミドシップということで、走りも気になる一台だ。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
アイ三菱東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱の「アクティブギア」、第4弾は「eKカスタム」 2017.12.21 自動車ニュース 三菱自動車は2017年12月21日、軽乗用車「eKカスタム」に特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を設定し、販売を開始した。アウトドア用品の道具感を内外装のデザインに取り入れており、各所に施したオレンジのアクセントを特徴とする。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD) 2017.12.19 挑戦し続ける三菱アウトランダーPHEV<PR> 2017年にクルマづくり100周年を迎えた三菱自動車がこの秋、新しいブランドメッセージ「Drive your Ambition」を発表した。進化を続ける「アウトランダーPHEV」の試乗を通じて、このメッセージに込められた思いに触れてみる。
ホームへ戻る