【スペック】全長×全幅×全高=4935×1860×1490mm/ホイールベース=2845mm/車重=1950kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブ(350ps/6800rpm、44.9mkg/3500rpm)/価格=980万円(テスト車=1006万円)

アウディA6オールロードクワトロ4.2 FSI(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

アウディA6オールロードクワトロ4.2 FSI(4WD/6AT) 2006.12.01 試乗記 ……1006万円総合評価……★★好調アウディの上級ワゴン「オールロードクワトロ」に乗り、古株テスターは言った。「技術の粋を集めたクルマが、必ずしもいいクルマではない」と。


楚々としたアウディがいい

このところ出せばヒットの状態が続いたアウディだからこそ、ここはひとつキッチリと言っておきたい。
手持ちの得意技を総動員して大向こうを唸らせようとする戦略は企業として当然の選択かもしれないが、クルマはやはり結果が第一。その意味でこれは少々やりすぎ(メカ/装備満載)か、あるいは逆にやらなさすぎ(消化不足)と言わざるを得ない。
「オールロード」の言葉は魅力的だが、単に屋上屋を架せばよいというものではないからだ。

アウディの成功は技術的な成功でもある。フルタイム4WDの先駆者として磨き上げてきたクワトロシステムをはじめとして、パワーと燃費の両立を図ったFSI直噴システムや、走行中の車高を自動調整によるハイト維持、もしくは手動による選択が可能なアダプティブエアサスペンションなどがそれで、「A6オールロードクワトロ」には当然のごとくそれらのすべてが惜しげもなく奢られる。ノーマルA6との違いは同じアダプティブサスでもラフロード走行を目的とした“オールロードモード”が追加されたことだ。

だが、個々の要素技術は素晴しくても、それらを積み上げた結果が同じだとは限らないのがクルマづくりの難しくも面白いところ。老婆心ながら最近やや「イケイケドンドン」気味なアウディを密かに懸念する所以である。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
「オールロードクワトロ」は「A6」のワゴン版「アバント」がベース。一言でいえばロードクリアランスを増し(155mmに)、車高調整機能を高めてSUV的な性格を持たせ、同時にそれに相応しい独自のアピアランスを与えたものだ。
ポジショニングとしてはA6のさらに上を行くトップモデルとして位置づけられているから、仕様・装備の点でも標準/オプション問わずシリーズに用意されるものならほとんど「ないものはない」状態。オールロードクワトロとしてはこれが2代目となる。
もともとA6はモデルチェンジでかなり大型化していたが、これは4935mmの全長こそ変わらないものの、全幅はオーバーフェンダーの装着によって1860mmと5mm増し、車高の上昇によって全高も1490mmと15mm高まっている。
タイヤのサイドウォールはそのオーバーフェンダーに対してもぎりぎりで、そのため狭い駐車場の取り回しなどでは数字以上に幅が広く感じられる。
車重はモデルによって異なるが、テスト車の場合は1950kgとほとんど2トン近い(ただし、V8同士では不変)。手っ取り早く言えば、でかい、重い、高い(980万円)の揃い踏みで、これだけ聞いているとなんだか昔のアメ車みたいだ。
(グレード概要)
日本仕様のエンジンラインナップは、255psのV6 3.2リッターと350psのV8 4.2リッターから成り、ノーマル系に用意される「慎ましい」2.4リッターはない。このあたりにもこのクルマに対するアウディの考え方が如実に表れている。
ギアボックスはいずれもパドルシフト付きのティプトロニック6ATで、V8は今回ノーマルA6用ともども最新スペックに移行した。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
ダッシュボード/コンソールは見た目が饒舌すぎてややスッキリ感に欠けるものの、それだけありとあらゆるものが備わっており、豪華な証拠。
オーディオやカーナビゲーション/TVはもとより、アダプティブサスをはじめとする各種機能の設定まで同一のモニター画面で行える「MMI(マルチ・メディア・インターフェイス)」は、この種のものとして比較的使い勝手も悪くない。
シート調整をはじめとするコントロールが「オールパワー」なのはいうまでもないが、カギさえ身に着けていればドアハンドルを触っただけで開き、ボタンを押すだけでエンジンが掛かる(“アドバンスドキーシステム”)のは最新の上級日本車並みだ。
4.2FSIのMMIにはリバースに入れると後方が映し出されるリアビューカメラが最初から付いている。パーキングブレーキはスイッチによるエレクトロ・メカニカル式だが、作動がやや遅く、もどかしいこともある。
(前席)……★★★★
腰から下をたっぷりと取り、視界を損なわずに適度な囲まれ感で安心を与えるボディづくりはアウディ共通の美点。スペースそのものもさすがにこのサイズともなると充分だ。
車両価格が1000万円を超えたのは新たな装備の追加ではなく、主として趣味的な部分でのエクストラコストといってよいが、その中で、もともと本革張りではあったが形状だけを変えたスポーツシートは正解だ。本格的なSUVに比べれば問題にならないほど軽度とはいえ、僅かに腰高感が残るこのクルマにはやはりしっかりしたサポート感が求められるからだ。
(後席)……★★★
基本的にドライバーズカーであり、分厚く贅沢なそのシートバックにもいくらかスペースを割かれてはいるが、それでも2845mmの長大なホイールベースは後席にも充分に快適な居住空間を提供している。まずまず文句のない広さだ。
ただし、後述するように前席同様、乗り心地そのものは結構荒さが目立つから、少なくともショーファードリブンカー的なデッドスムーズさを求めると期待外れに終わる。
(荷室)……★★★★★
このクルマで一番の感動がここにある。A6アバント同様だが、ラゲッジルームは単にフラットで広いだけでなく実用的なアイデアに溢れ、きわめて使い勝手が良い。ワゴンの鑑と言いたい出来だ。
なかでも任意の位置で固定でき、取り外すことも可能なネット/バー/ベルトの3種によるフィックスキットは秀逸の一言。おまけに、このクルマにはオプションで自動的に昇降するオートマチックテールゲートが付いていた。
床板をはぐると本来スペアタイヤ用とおぼしき丸い大きな空間が出現、さらにその下には緊急時に使用するタイヤ充填材とそのための電動ポンプが隠れている。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
直4/V6のそれでは活気あるパワーと小気味よいサウンドで大人しいアウディのイメージを一変させたFSIだが、「高級な機械」を運命づけられているこのV8では突出したキャラクターを抑えようとしてか、さして欠点がないかわりにワクワクするような楽しさもなくなってしまったのが惜しい。
リミットの6800rpmまで淀みなく回ることは回るものの、ここ一発という時の盛り上がり感が薄く、実際には充分以上に速いのにさして有り難みを感じないのだ。
Dレンジ/100km/hは1800rpmとハイギアリングで静かだが、エンジン音そのものはさほどでもなく、たまたま「レクサスLS460」から直接乗り換えたら、ゴロゴロとした音色が耳についた。
燃費も排気量相応に大食らいだ。パドルシフトはあればあったで便利だが、通例と同じくワインディングロードでよりもむしろ高速巡航での加減速に重宝する程度。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
率直に言って、ここでの少なからぬ失望が大勢を決した。クルマはやはり走ってナンボの世界だからである。
なかでもフロアからの微振動が絶えない乗り心地はまったく高級車らしくなかった。少なくとも以前乗った「A6アバント3.2FSI」では見られなかったから、もしかしたら個体差か装着タイヤとの相性に起因するものかもしれないが、その一方で、重量増による相対的なボディ剛性低下やラフロード走行を視野に入れたサスペンションセッティングによる違い、あるいは大径極太タイヤによるバネ下重量の増加も可能性としては考えられる。
しかも、これは“コンフォートモード”を選べるアダプティブサスを以てしても単に揺動の周期がゆったりするだけで、根本から解消されるわけではないのである。
操舵力と速さ(ロック・トゥ・ロック2.5回転)の両立を図った速度感応式サーボトロニックステアリングも低速では軽すぎていささか心許ない。アダプティブサスは“オートマチックモード”やコンフォートに比べて車高が15mm下がる“ダイナミックモード”が選べ、コーナリングではターンインがシャープになってノーマル仕様に近い感覚になるものの、だからといってここに固定したのでは本末転倒だろう。

(写真=荒川正幸)

【テストデータ】

報告者:道田宣和(別冊CG編集室)
テスト日:2006年10月3〜6日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2006年型
テスト車の走行距離:2498.5km
タイヤ:(前)245/45R18 100Y(後)同じ(Good Year Excellence)
オプション装備:スポーツパッケージ(アルカンタラ&本革シート+フロントスポーツシート+マルチファンクション&ティプトロニックパドルシフト付き本革巻き3スポークスポーツステアリングホイール/5万円)/オートマチックテールゲート(9万2400円)/18インチ5アームエアロデザインアルミホイール(12万円)
形態:ロードインプレッション
走行形態:市街地(2):高速道路(5):山岳路(3)
テスト距離:445.5km
使用燃料:80.5リッター
参考燃費:5.5km/リッター

関連記事
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アウディRS Q3パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.5 試乗記 オンロードでの動力性能に特化した高性能SUV「アウディRS Q3」が、さらにパフォーマンスを高めた「RS Q3パフォーマンス」に進化。レーシングマシンも手がけるアウディの“特殊部隊”クワトロGmbHが鍛えた、公道マシンの出来栄えを確かめた。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る