【東京モーターショー2005プレビュー】爽快な走りの軽自動車「ダイハツ・SK-ツアラー」

2005.10.14 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】爽快な走りの軽自動車「ダイハツ・SK-ツアラー」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。「小さいクルマが主役の真に豊かなクルマ社会」のリーディングカンパニーを目指すというダイハツからは、「ワンダフル・スモール」と題して、いくつものコンセプトカーおよび市販予定車が出展される。



 

■ダイハツ・SK-ツアラー(参考出品車)

外形寸法は軽自動車枠の全長3395×全幅1475×全高1450mm、ホイールベースは2440mm。
エスティマを軽自動車サイズに圧縮? と思わせるようなミニミニバン。これまでの軽トールワゴンと比べると、やや背を低め、乗員の着座位置も低くし、大型コンフォートシートを取り入れ、遠出も快適なよう配慮したという。称して、「新ジャンル・爽快スモールツアラー」とか。車名の由来はズバリ「Soh Kai」の頭文字。



 

エクステリアは、横一文字のフロント/テールランプが特徴的。インストゥルメンツまわりはラウンド形状で、緩やかに包み込むロー&サラウンドインテリアとなっている。
エンジンは直列3気筒12バルブDOHCターボの660ccユニット。駆動はFFで、トランスミッションはティップシフトつきのCVTが備わる。

(文=ken)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。