【東京モーターショー2005プレビュー】20インチタイヤ装着のスポーティSUV「マツダ・MX-クロスポルト」

2005.10.14 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】20インチタイヤ装着のスポーティSUV「マツダ・MX-クロスポルト」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。マツダはお得意のロータリーエンジンを用いた、4シータースポーツカーや水素燃料のコンセプトカーなどを展示。さらに次期市販モデルの発表も行われる。



 

■マツダ・MX-クロスポルト(参考出品車)

2005年初頭のデトロイト北米国際自動車ショーでワールドデビューした、クロスオーバーコンセプトカー。SUVをスポーツカーの領域に踏み込ませた新しいタイプのクロスオーバービークルといわれる。

ホイールベース2795mm、全長4630×全幅1930×全高1630mmという、ライバルたちに比べれば比較的コンパクトな5ドアボディに、275/45R20の大径タイヤを履く。マツダ・スポーツカーのDNAを感じさせる大きなロワーグリル開口部と、ボリュームを持った前後のフェンダーアーチが特徴的だ。スタイリングは、アテンザなどを手がけた小泉巌チーフデザイナーがまとめた。

インテリアには4つの独立した革製バケットシートを配し、よりスポーツカーに近いデザインを採用。フロントシートはモノレールシステムによって位置を調整でき、リアシートは折りたたんでラゲッジスペース拡大に寄与する。大径アナログ3連メーターや3スポークステアリングホイールなどで、さらにスポーティな雰囲気を醸し出す。ダッシュボード中央には半球形のスリーパネルディスプレイシステムを備え、上を見上げれば調光ガラスルーフ、後席用大型ディスプレイ組み込みオーバーヘッドコンソールなども装備される。
搭載エンジンなどメカニカルな部分はまだ未発表。

なお、これをベースにした量産型モデル「マツダ・CX-7」を開発し、2006年に北米市場へ導入する予定という。

(文=ken)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る