【東京モーターショー2005プレビュー】セダンとミニバンを融合「トヨタ FSC」

2005.10.14 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】セダンとミニバンを融合「トヨタ FSC」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。FSCはセダンの優雅さとミニバンのユーティリティを融合した、新カテゴリーのクルマだという。



 

背の低いミニバンのような、またはホールベースがなが〜い4ドアハッチバックのようなボディフォルムをもつFSCは、「VIBRANT(=活発な、ワクワクする)」と「CLARITY(=明快な、爽やかな)」を両立させたと、トヨタが掲げるデザインフィロソフィに基づいたものだという。



 

パッケージングは3列6人乗りで、サードシートはシートバックを立ち上げたセダンモード、二人が座れるミニバンモード、そしてラゲッジスペースと直結するワゴンモードの3種類にシートアレンジできる。「ホンダ・アヴァンシア」や「オペル・シグナム」のユーティリティを拡張したようなクルマ、だろうか。

(webCGオオサワ)

トヨタ:
http://toyota.jp/



 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。