【東京モーターショー2005プレビュー】ジープの最高峰「コマンダー」

2005.10.14 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】ジープの最高峰「コマンダー」

ジープは、「クライスラー300C」と同じ5.7リッターV8OHV「HEMI」を搭載するジープブランドの最高峰「ジープ・コマンダー」を日本で初めて公開。2006年に導入される予定だという。



 

■3列7人乗りのジープ

ジープブランドの最高峰に位置づけられるコマンダー。ボディサイズはグランドチェロキーより47mm長いが、その他のディメンションは変わらない。エンジンは4.7リッターV8、または5.7リッターV8を搭載、トランスミッションは5ATが組み合わされる。もちろん4WDだ。
ジープブランドでは初めてという、3列7人乗りのシートレイアウトも特徴。後席になるほど着座位置を高く設定し、前方視界を確保したほか、2、3列目を折りたたむとフラットなラゲッジスペースになる。

ほかに、市販車からチェロキー リミテッド、グランドチェロキー リミテッド 5.7 HEMI、ラングラー スポーツを展示する。

(webCGオオサワ)

ジープ:
http://www.jeep-japan.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。