85mm背が高いゴルフ「ゴルフ プラス」発売

2005.10.13 自動車ニュース

85mm背が高いゴルフ「ゴルフ プラス」発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ゴルフより全高が85mm高いボディによる広い室内空間、機能性を謳う「ゴルフ プラス」を、2005年10月12日に発表した。発売は11月5日から。


インテリアは、丸形エアベントなどを採用した専用デザイン。オーバーヘッドコンソールなど、収納も備わる。

ゴルフ プラスは、VWの代表格「ゴルフ」の背を高くし、ユーティリティや室内空間を拡げたモデル。ハッチバックより大きく、ミニバンより小さい、「5人が快適に移動できるジャストサイズの“アーバン ムーバー”」だという。
ラインナップは、1.6リッター「E」と2リッター「GLi」の2種類で、価格はそれぞれ245万7000円と284万5500円だ。


リアシートのスライド機構だけで、荷室容量は395リッターから505リッターにまで拡大可能。後席を折りたためば、最大1450リッターになる。助手席シートバックを前に倒せば、2.3mの長尺物が積めるという。

ボディサイズは、1605mmの全高をのぞいてゴルフと同じ。ドア、ボンネットやルーフは新設計で、ヘッドランプは新意匠。テールランプにLEDを採用するなどした。
インテリアは高められた全高がきいて、フロントシート高が75mm、リアは85mmアップ。後席は160mm前後スライドできるほか、背もたれの角度調節機構を採用。4:2:4の3分割で折りたたむこともできる。二層式の床を採用した荷室とあわせ、ラゲッジスペースの使い勝手を高めた。

(webCGオオサワ)

フォルクスワーゲン:
http://www.vwj.co.jp/




関連キーワード:
ゴルフプラスフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗速報】 2010.6.4 試乗記 フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)
    ……273.0万円

    5代目「ポロ」の大本命、1.2リッターTSI搭載モデルが日本上陸。まずは上級モデルの走りを、箱根で試した。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
ホームへ戻る