85mm背が高いゴルフ「ゴルフ プラス」発売

2005.10.13 自動車ニュース

85mm背が高いゴルフ「ゴルフ プラス」発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ゴルフより全高が85mm高いボディによる広い室内空間、機能性を謳う「ゴルフ プラス」を、2005年10月12日に発表した。発売は11月5日から。


インテリアは、丸形エアベントなどを採用した専用デザイン。オーバーヘッドコンソールなど、収納も備わる。

ゴルフ プラスは、VWの代表格「ゴルフ」の背を高くし、ユーティリティや室内空間を拡げたモデル。ハッチバックより大きく、ミニバンより小さい、「5人が快適に移動できるジャストサイズの“アーバン ムーバー”」だという。
ラインナップは、1.6リッター「E」と2リッター「GLi」の2種類で、価格はそれぞれ245万7000円と284万5500円だ。


リアシートのスライド機構だけで、荷室容量は395リッターから505リッターにまで拡大可能。後席を折りたためば、最大1450リッターになる。助手席シートバックを前に倒せば、2.3mの長尺物が積めるという。

ボディサイズは、1605mmの全高をのぞいてゴルフと同じ。ドア、ボンネットやルーフは新設計で、ヘッドランプは新意匠。テールランプにLEDを採用するなどした。
インテリアは高められた全高がきいて、フロントシート高が75mm、リアは85mmアップ。後席は160mm前後スライドできるほか、背もたれの角度調節機構を採用。4:2:4の3分割で折りたたむこともできる。二層式の床を採用した荷室とあわせ、ラゲッジスペースの使い勝手を高めた。

(webCGオオサワ)

フォルクスワーゲン:
http://www.vwj.co.jp/




あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
ホームへ戻る