【東京モーターショー2005プレビュー】1.5リッターユニットを積む「ダイハツ・コペンZZ」

2005.10.13 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】1.5リッターユニットを積む「ダイハツ・コペンZZ」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。「小さいクルマが主役の真に豊かなクルマ社会」のリーディングカンパニーを目指すというダイハツからは、「ワンダフル・スモール」と題して、いくつものコンセプトカーおよび市販予定車が出展される。



 

■ダイハツ・コペンZZ(参考出品車)

人気が高い軽自動車のオープン2シータースポーツカー「コペン」が、1.5リッターエンジン搭載の小型車に生まれ変わって参考出品。ぜひ量産化を、の声も多いことだろうと想像する。

パワーユニットはTOPAZ直列4気筒DOHC16バルブの1.5リッターで、109psを発生。これをフロントに搭載し前輪を駆動する。足まわりは205/40R16タイヤと4輪ディスクブレーキで強化される。



 

軽自動車の枠を外れたことでサイズを拡大、全長3550(+155)×全幅1600(+125)×全高1260(+15)mmとなった(カッコ内はノーマル「コペン」比)。ポルシェ・ターボを思わせるリアフェンダーのふくらみなど、見た目の迫力を増した。ホイールベースは2240mmへと10mm延長。
フロントのインテーク開口部のデザインなどを少々手直しし、室内は本革製レカロシートと、本革巻きモモ製ステアリングホイールを装備する。

(文=ken)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る