【東京モーターショー2005プレビュー】1.5リッターユニットを積む「ダイハツ・コペンZZ」

2005.10.13 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】1.5リッターユニットを積む「ダイハツ・コペンZZ」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。「小さいクルマが主役の真に豊かなクルマ社会」のリーディングカンパニーを目指すというダイハツからは、「ワンダフル・スモール」と題して、いくつものコンセプトカーおよび市販予定車が出展される。



 

■ダイハツ・コペンZZ(参考出品車)

人気が高い軽自動車のオープン2シータースポーツカー「コペン」が、1.5リッターエンジン搭載の小型車に生まれ変わって参考出品。ぜひ量産化を、の声も多いことだろうと想像する。

パワーユニットはTOPAZ直列4気筒DOHC16バルブの1.5リッターで、109psを発生。これをフロントに搭載し前輪を駆動する。足まわりは205/40R16タイヤと4輪ディスクブレーキで強化される。



 

軽自動車の枠を外れたことでサイズを拡大、全長3550(+155)×全幅1600(+125)×全高1260(+15)mmとなった(カッコ内はノーマル「コペン」比)。ポルシェ・ターボを思わせるリアフェンダーのふくらみなど、見た目の迫力を増した。ホイールベースは2240mmへと10mm延長。
フロントのインテーク開口部のデザインなどを少々手直しし、室内は本革製レカロシートと、本革巻きモモ製ステアリングホイールを装備する。

(文=ken)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る