【東京モーターショー2005プレビュー】ジャガーの注目は、アルミモノコックを採用した新型「XK」

2005.10.13 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】ジャガーの注目は、アルミモノコックを採用した新型「XK」

フォードグループのPAGブースでは、ジャガー・コーナーにジャパンプレミアとして新型「XK」が参考出品される。2005年初頭のデトロイトショーにコンセプトカーとしてデビューしたものが、フランクフルトショーまでに生産型へと進化、それが東京ショーへやってくる。


新型「XK」
 

新型「XK」は、これまでのXKシリーズや、かつてのC〜Eタイプなどを含むジャガースポーツの伝統的な雰囲気を醸し出しつつ、最新スペックに生まれ変わった。
2+2クーペのボディサイズは、全長4791×全幅2070(ミラー含む)×全高1322mmと小さくないが、XJシリーズをさらに進化させたアルミモノコック構造により、車重は1595kgへと軽量化(現行「XK8」は1680kg)。搭載エンジンは4.2リッターV8(300ps)で、組みあわせられるZF製6段オートマチックトランスミッションは、ステアリングに備わるパドルでシフトが可能だという。最高速度はリミッターにより250km/hに抑えられる。
クーペと並行してコンバーチブルも開発が進み、後にラインナップに加わる予定だ。なおクーペの発売は、ヨーロッパ市場で2006年初頭に開始される。


「デイムラー」
 

ほかに現行生産車として、近頃復活してきた最上級サルーンの「デイムラー」をはじめ、「XJスーパーV8ポートフォリオ」「XJR」「Sタイプ・ソブリン」「Xタイプ・ソブリン」とエステートなどがブースに並ぶ。

(文=ken)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XKクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る