【東京モーターショー2005プレビュー】ジャガーの注目は、アルミモノコックを採用した新型「XK」

2005.10.13 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】ジャガーの注目は、アルミモノコックを採用した新型「XK」

フォードグループのPAGブースでは、ジャガー・コーナーにジャパンプレミアとして新型「XK」が参考出品される。2005年初頭のデトロイトショーにコンセプトカーとしてデビューしたものが、フランクフルトショーまでに生産型へと進化、それが東京ショーへやってくる。


新型「XK」
 

新型「XK」は、これまでのXKシリーズや、かつてのC〜Eタイプなどを含むジャガースポーツの伝統的な雰囲気を醸し出しつつ、最新スペックに生まれ変わった。
2+2クーペのボディサイズは、全長4791×全幅2070(ミラー含む)×全高1322mmと小さくないが、XJシリーズをさらに進化させたアルミモノコック構造により、車重は1595kgへと軽量化(現行「XK8」は1680kg)。搭載エンジンは4.2リッターV8(300ps)で、組みあわせられるZF製6段オートマチックトランスミッションは、ステアリングに備わるパドルでシフトが可能だという。最高速度はリミッターにより250km/hに抑えられる。
クーペと並行してコンバーチブルも開発が進み、後にラインナップに加わる予定だ。なおクーペの発売は、ヨーロッパ市場で2006年初頭に開始される。


「デイムラー」
 

ほかに現行生産車として、近頃復活してきた最上級サルーンの「デイムラー」をはじめ、「XJスーパーV8ポートフォリオ」「XJR」「Sタイプ・ソブリン」「Xタイプ・ソブリン」とエステートなどがブースに並ぶ。

(文=ken)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XKクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
    「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す
    2017.2.23 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露 2017.4.15 自動車ニュース ランボルギーニ・ジャパンは2017年4月14日、「アヴェンタドール」の進化版である「アヴェンタドールS」を披露した。6.5リッターV12エンジンの最高出力は、従来比40psプラスの740psへと強化された。車両価格は4490万4433円。
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る