【東京モーターショー2005プレビュー】フォードはフォーカスのバリエーションを中心に

2005.10.12 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】フォードはフォーカスのバリエーションを中心に

フォード・モーター・カンパニーは「フォーカス」とそのバリエーションをはじめ、市販型「モンデオ」「エクスプローラー」、そしてコンセプトカーの「イクエイター」などを出展する。


【写真上】フォーカス・ヴィニャーレ・コンセプト
【写真下】フォーカスST
 

5ドアハッチバックの「フォーカス」をベースに、クーペ・コンバーチブルとした「ヴィニャーレ・コンセプト」が日本初公開される。2004年のパリサロンでお披露目されたクルマで、往年のイタリアン・カロッツェリア、アルフレード・ヴィニャーレにちなんだディテールを採用したことが特徴。

市販モデルではスポーツバリエーションの「フォーカスST」を出展。ターボ付デュラテックST 2.5リッターエンジンは225psを発生し、トランスミッションは6段MTとなる。最高速度240km/h、0-100km/h加速は6.8秒という性能。足まわりやブレーキもチューニングされ、インテリアもスポーティに演出される。このSTはいずれ日本市場にも発売されるはず。


フォーカスC-MAX
 

フォーカスをベースにミニバン仕様としたのが「フォーカスC-MAX」。5ドアボディは若干背が高く、ゆとりを得るために室内はあえて5人乗りにした。欧州ではすでに発売されているモデルで、今回の展示は日本市場での反応を見る狙いだろう。
さらに、新型フォーカスをベースとした、フォード・チームの2006年世界ラリー選手権(WRC)参戦モデル「2006フォーカスWRCコンセプト」や、レギュラーラインナップから「モンデオ」を展示する。


新型エクスプローラー
 

■アメリカンなSUVにもコンセプトカー

新型「エクスプローラー」は、フロントグリルのデザインを改めて登場。もうひとつのSUVは、エクスプローラーよりやや小型の「イクエイター・コンセプト」。デュラテックV6 3.0リッターエンジンを搭載し、完全にコンピューター制御されたインテリジェント4WDシステムと組み合わせる。イクエイター=赤道をイメージした鮮やかなライトオレンジのカラーで展示。

(文=ken)


イクエイター・コンセプト
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る