【東京モーターショー2005プレビュー】フィアット、可愛さ路線全開

2005.10.12 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】フィアット、可愛さ路線全開

数的には本国と逆にアルファの後塵を拝しているフィアットだが、それだけにというべきか、今回の東京モーターショーでは、全車日本初公開のモデルを投入し、話題性を訴えている。


【写真上】グランデ・プント
【写真下】グランデ・プント・ラリー
 

それらに共通するのはフィアットが本来最も得意とするスモールカーであること。ブランド力や高級イメージに欠けるなら、むしろ、的を絞ってニッチ狙いが得策ということにようやく気づいたものとみえる。

その中で主役を務めるのがモデルチェンジしたての「グランデ・プント」。ヨーロッパで、過去2世代にわたってベストセラーの1台に数えられてきたこのクルマまでニッチと言うのは一見不自然だが、少なくともこの日本では適度にカワユク、適度に安いのが一番のセールスポイントだったし、新型のスタイルはどこか動物的で、これまで以上にウケそうな要素があるからだ。正確な導入時期については未定。


パンダ・アレッシィ
 

一緒に展示される同“ラリー”はインポーター自身、どのカテゴリーに属するかも把握していないくらいで、むろん場を盛り上げるためのブースターにすぎない。可愛さ路線のきわめつきが一応「ワールドプレミア」となる「パンダ・アレッシィ」。御存知、イタリアのキッチン/ハウスウェア・メーカーが内装を担当したモデルで、内容が内容だけにこちらはすぐにでも輸入が可能だろう。

(文=道田宣和)

関連キーワード:
グランデプントパンダフィアット東京モーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る