【東京モーターショー2005プレビュー】ホンダの4WDスポーティセダン「スポーツ4コンセプト」

2005.10.07 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】ホンダの4WDスポーティセダン「スポーツ4コンセプト」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。ホンダブースでは3台のコンセプトカーをワールドプレミアとして展示する。



 

「ドライバーと乗員すべてに操る喜びを提供する」をテーマとするコンセプトカーが「スポーツ4コンセプト」。
全長×全幅×全高=4580×1850×1360mm、ホイールベース=2700mmと、先日発表されたばかりの「シビック」と似たボディサイズを持つ。幅広ボディに低い全高と狭いグリーンハウス、ハイデッキでボリューム感のあるリアエンドがスポーティなエクステリアを演出する。
インテリアには、メタルやウッド、レザーなどの異なる素材が大胆に組みあわせられ、スイッチやメーター類は見やすくわかりやすいことを第一に、シンプルにすっきりとまとめられた。



 

シートは4席が独立したレイアウトで、それぞれにスポーティなバケットシートを配置。さらに4席それぞれに電動で開閉する「パーソナルルーフ」が備わり、オープンドライブの感覚を味わうことができるという。

スポーティな走りを実現する4WDの制御には、「レジェンド」でその技術を知らしめた「SH-AWD」が採用される。走行状況にあわせて前後輪および、後輪の左右へ駆動力を配分し、高い走行安全性と旋回性能を生み出すというものだ。



 

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。