【東京モーターショー2005プレビュー】スズキのコンセプト“こだわりのプライベート空間”「P.X」

2005.10.07 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】スズキのコンセプト“こだわりのプライベート空間”「P.X」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。軽自動車、コンパクトカーづくりに長けたスズキは「小さなクルマ、大きな未来」をテーマに掲げる。
目玉のコンセプトカーは、オトコの秘密基地「P.X」だ。



 

■こだわりの空間

「オトコのこだわりのプライベート空間」をコンセプトにする「P.X(Private Express)」は、3列6人乗りのミニバン。家族や友人と楽しむことを可能にしつつ、自分(オーナー)のライフスタイルを重視する男性をターゲットにしたという。



 

ちょっとアメリカンなエクステリアデザインから大きなクルマという印象をうけるが、ボディサイズは全長×全幅×全高=4420×1800×1780mmと、それほど大きくない。3000mmの長いホイールベースが特徴である。
フロントドアは前ヒンジ、リアドア2枚が観音開きの両側3枚ドアにより、乗降性の向上とユニークなサイドビューを両立させたと謳う。

【スペック】
全長×全幅×全高=4420×1800×1780mm/ホイールベース=3000m/4リッター直4DOHC16バルブ
 

ミニバンは一般的に2列目が主役だが、P.Xは1列目と3列目をメインにパッケージング。セカンドシートをチップアップすれば、3列目はリムジン並みの広さになる。レカロ製専用本革シートや大型アームレスト、フットレストなどを採用したほか、15インチワイドモニターと大型スピーカーを搭載。上質でラクシャリーな室内空間とした。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。