【東京モーターショー2005プレビュー】クラシカルなパーソナルカー「スズキ LC」

2005.10.07 自動車ニュース
 

【東京モーターショー2005プレビュー】クラシカルなパーソナルカー「スズキ LC」

2005年10月22日から一般公開される「第39回東京モーターショー」。スズキのLC(Life Creator)は、二人乗りに最適なサイズで、かつ親しみやすいクルマのコンセプトである。



 

「ツイン」の2ドアセダンのようなLCは、軽自動車の小ささによる魅力だけでなく、親しみやすさや乗員との一体感を演出して、見ても乗っても楽しいクルマを目指したという。

【スペック】
全長×全幅×全高=3200×1475×1390mm/ホイールベース=2135mm/0.66リッター直3DOHC12バルブ
 

往年のフロンテのような丸目のヘッドランプや曲線を多用したボディ形状、チェック柄のシート表皮などに遊び心が見てとれる。左右シートをあえて狭め、大事な人との距離を近づけた。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。