「トヨタ・クラウンアスリート」に新3.5リッターV6搭載

2005.10.06 自動車ニュース

「トヨタ・クラウンアスリート」に新3.5リッターV6搭載

トヨタは「クラウン」シリーズをマイナーチェンジ。新開発の3.5リッターV6を搭載するなどして、2005年10月4日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、「レクサス GS350」などが積む新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載。内外装の意匠を改めるなどした。
3.5リッターV6を積むのは、スポーティグレード「クラウンアスリート」シリーズ。アスリートの外観は、3分割ロアグリルを採用した前バンパーなどにより、精悍さを強調。ロイヤルシリーズでは、フロントグリル、スモーク調塗装のヘッドランプ等で、高級車らしい存在感を表現したという。
ほかに、走行時に車線内を維持するようステアリング操作を支援する「レーンキーピングアシスト」などがオプション設定された。

価格は、「アスリート」の3.5リッターモデルが467万2500円。ロイヤルサルーンは「エクストラ」の337万500円から。

(webCGオオサワ)

トヨタ・クラウンロイヤル:
http://toyota.jp/crownroyal/
トヨタ・クラウンアスリート:
http://toyota.jp/crownathlete/

「トヨタ・クラウンアスリート」に新3.5リッターV6搭載の画像

関連キーワード:
クラウン ロイヤルクラウン アスリートトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • ボルボV90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.21 試乗記 2017年にボルボが宣言した、近い将来における全モデルの電動化。「V90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション」は、その先駆けともいえるプラグインハイブリッド車だ。ボルボの将来を占う“試金石”の出来栄えは?
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記