【スペック】全長×全幅×全高=4350×1720×1190mm/ホイールベース=2566mm/車重=1130kg/駆動方式=FR/4リッター直6DOHC24バルブ(350ps/6800rpm、45.6kgm/5000rpm)/車両本体価格=898.0万円(テスト車=995.5万円/パールペイント+革内装+カラーステアリング)

TVRサーブラウ スピードシックス(5MT)【試乗記】

『不惑のスポーツカー』 2001.05.02 試乗記 TVRサーブラウ・スピードシックス(5MT)……995.5万円6ツ目のタスカンで衆目を驚かせた英国はブラックプールのスポーツカーメーカー、TVR。ややジェントルな2+2モデル、サーブラウにもニュー直6ユニットを載せ、フェイスリフト版もリリースした。webCG記者が報告する。

 
TVRサーブラウ スピードシックス(5MT)【試乗記】の画像
96×92mmのボア×ストロークをもち、11:1と、高めの圧縮比を採るSP6。オールアルミのドライサンプユニットである。サーブラウ・スピードシックスの動力性能は、0-96km/h=4.4秒、最高速度272km/h(プレスリリースより)。
 
96×92mmのボア×ストロークをもち、11:1と、高めの圧縮比を採るSP6。オールアルミのドライサンプユニットである。サーブラウ・スピードシックスの動力性能は、0-96km/h=4.4秒、最高速度272km/h(プレスリリースより)。
	 

大人のブリティッシュスポーツ

静岡県は「東急ハーヴェストクラブ浜名湖」に着くと、夕暮れ迫る空の下、TVRサーブラウ・スピードシックスが、ホテルの車寄せでライトに照らされていた。鳥カゴのように張りめぐらされた鋼管にFRP製の2+2クーペボディを被せた、スペースフレーム構造を採るブリティッシュスポーツ。2001年5月1日、自社製4.5リッターV8「AJP8」を搭載するサーブラウ4.5に加え、やはりTVR自ら開発した4リッター直6「SP6」ユニットを載せた“スピードシックス”の販売が開始された。

「今回はどういうモデルなんですか?」。リポーターの漠然とした質問に、「大人のためのスポーツカーです」と、TVRジャパンの神取秀男代表取締役がニコやかに答える。
フロントミドに収められたストレート6は、基本的に同じエンジンながら、6ツ目ウナギ顔の2座モンスター、タスカンのそれより若干おとなしい……とはいえ、それでも圧倒的な350ps/6800rpmの最高出力と45.6kgm/5000rpmの最大トルクを発生する。足まわりはV8モデルより多少ソフトな味付となり「路面変化に、より柔軟に追従できるよう」(プレスリリース)になった。ダンパー、スプリング、アンチロールバー、そしてブッシュに、スピードシックス用専用チューンが施されたという。

“後付け”っぽいプロジェクター4灯のフロントマスクは「大人のスポーツカー」としていかがなものか、と個人的に感じたが、大丈夫、従来通りのオーソドクスな大径丸目2灯型も、1ビーム仕様の「Mk.I」として注文時に選択可能だ。
価格は、Mk.Iが、858.0万円。今回の試乗車「Mk.II」(2ビーム仕様)が、40.0万円高の898.0万円である。


 
TVRサーブラウ スピードシックス(5MT)【試乗記】の画像
悪趣味一歩手前の豪華な内装。トウボードが遠く、左足の置き場がないのは、他のTVRと同じ。太いセンタートンネルが、コーナリング時にはかっこうのニーサポートになる点も
 
悪趣味一歩手前の豪華な内装。トウボードが遠く、左足の置き場がないのは、他のTVRと同じ。太いセンタートンネルが、コーナリング時にはかっこうのニーサポートになる点も
	 

英国スポーツカーの伝統

「“SP6”ハ知ッテイル。たすかんニ乗ッタコトアルカラ。れーす用えんじんミタイダッタ……」と思い出しながら1気筒当たり666ccのビッグ6に火を入れて、スロットルペダルを煽ってブリッピングすると、やっぱりイイ。いかにもピストンとシリンダーの抵抗が少ない、フライホイールが軽い感じのシャーンとした吹け上がり。年産3000台程度のメーカーだからこそ出せる価値あるフィールだ。

存外アシストの強いステアリングを切ると、ウィンドシールドの向こうで長いボンネットがグワッと鼻を振り、サーブラウ・スピードシックスが走りだす。6連スロットルのレスポンスは噛みつかんばかり。
ただし、公道では2000rpm前後でじゅうぶんだし、回転はスムーズだが、まだ900km余に過ぎない走行距離ゆえか、タコメーターの針が4000rpmを超えて右半分に入るとやや苦しげ。そのうえテスト車の1000万円近いプライスが頭のなかで点滅して、5000rpm以上回す気にはならない。
早めに操作しがちになるボルグワーナー製5段MTは、トラベルが短く、カチッとシフトのきまる、精度が高いトランスミッションだ。
乗り心地は、浜名湖周辺を走ったかぎり、問題なく日常で使えるレベルだ。サスペンションセッティングのほか、225/50R16という、TVRにしては“おとなしめ”なタイヤのせいもあると思う。

直6ユニットを搭載したスポーツカーは、TVRのチェアマン、ピーター・ウィラーのいう「多感な時期に憧れたブリティッシュスポーツの基本形」。サーブラウ・スピードシックスは、“トラディッショナルクーペ”と位置づけられる。
MRP社が刊行したコレクターズガイドの1冊、Graham Robson著『The TVRs』を見ると、TVRでは1970年代の2500Mが「the only TVR so far built with a straight-six-cylinder engine」、つまり初版の出た81年までの唯一の直6モデルだというから、トレバー・ウィルキンソン由来のスポーツカーメーカーとストレート6の関係はそれほど深いものではない。 とはいえ、TVRはいまや英国で最も大きい地場メーカーだから、SP6ユニット搭載モデルをもって、ブリティッシュスポーツの伝統を語ってもいいのだろう。

中低回転域を重視したツインカムエンジンを載せ、乗り心地にも配慮した“大人のための”TVR。オプションを装着すると、ポルシェ911カレラクーペにも手が届く価格になるが、そこで迷うようなヒトは、サーブラウを買うまい。作り手も、買い手も、不惑のスポーツカーなのだ。

(webCGアオキ/写真=河野敦樹/2001年3月)


 
化粧ウッドをふんだんに使ったバーストナーの室内。アルミボディーパネルとの隙間には、硬質断熱材がサンドイッチされる。インテリアデザインは、Ms.Elke Steinleinが手がける。
問合せ先:バーストナー ジャパン(tel:0564-54-0959/E-mail:burstner@hideho.co.jp)
 

【お知らせ】モーターホーム 「バーストナーT604」

TVRを輸入する(株)エイチアンドケイコーポレーションは、1924年から家具作りを始め、58年からモーターホームを手がけるドイツのメーカー、バーストナーの総輸入元でもある。2001年7月1日から、バーストナーの中堅モデル、Tシリーズ「T604」の日本での販売を開始する。

T604は、フィアット「デュカト」のシャシーに、バーストナーが上屋を構築したもの。3770mmのホイールベースに、全長×全幅×全高=6380×2290×2640mmのアルミボディを載せる。車重は、2930kg。ダイニング、キッチン、シャワー、トイレ、2つのダブルベットを備え、6名が乗り、4人が眠ることができる。

エンジンは、2.8リッター直4ディーゼルターボ。通常のディーゼルユニット(TD)のほか、コモンレール式エンジン(JTD)も用意され、後者の場合、127ps/3600rpmの最高出力と、29.0kgm/1800rpmの最大トルクを発生する。トランスミッションは、5段MTとなる。

価格は、TDが608.0万円、JTDが628.0万円。車内のレイアウト、装備、アクセサリー類は、数多くのオプションから選択可能だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

サーブラウの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • TVRサーブラウ・スピードシックス【試乗記】 2002.9.21 試乗記 TVRサーブラウ・スピードシックス

    バックヤードビルダー、というには大きくなった英国の「TVR」。かつて「ヴィクセン」を所有した自動車ライターの下野康史が、「サーブラウスピード6」に試乗した。会員コンテンツ「Contributions」より再録。


  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • TVRタスカンスピードシックス(5MT)【ロードインプレッション】 2000.10.24 試乗記 TVRタスカン・スピードシックス(5MT)
    ……1027.0万円

    英国のスポーツカー、TVRを試乗するときにまずしなければいけないのは、どうやったら内側からドアを開けられるのかを聞くことだ。
    「どうやったらドアが開くのですか?」
    グリフィンならダッシュパネル下センタートンネル横のドアハンドルを引き、キミーラはトンネルコンソール上の球形ダイヤルを捻り、サーブラウでは内張り奥のボタンを押すと、ドアから外に出ることができる。
    聞いておいてよかった。
    タスカン・スピードシックスの場合は、オーディオ脇の小さなボタンを押すのであった。コトッ……。FRP製のドアが開いた。


  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
ホームへ戻る