ベンツのフラッグシップ「Sクラス」発表

2005.10.05 自動車ニュース

ベンツのフラッグシップ「Sクラス」発表

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」のニューモデルを、2005年10月4日に発表、同日発売した。「S350」「S500」「S500L」の3種類で、価格はそれぞれ987万円、1260万円、1396万5000円。


ダイムラー・クライスラー日本のハンス・テンペル社長。「(Sクラスは)自動車の最高峰」と語った。

■大いなる進化

ベンツの最高峰Sクラスが、7年ぶりにフルモデルチェンジした。初代デビューから50年で累計約300万台、先代「W220」型は48万500台を発売し、自他ともにラクシャリークラスのトップを認めるサルーンである。新型は、安全性、快適性、環境適合性(全車低排出車認定で4つ★)のすべてをトップクラスに維持しつつ、新技術&新機構を投入し「大いなる進化を遂げた」と謳われる。




ボディサイズは、全長×全幅×全高=5076(+33)×1871(+16)×1473(+29)mm、ホイールベースは3035(+70)mm。ロングホイールベースバージョンもあり、こちらは全長が5206mm、ホイールベースは3165mmである。インテリアは豪奢であるのはもちろん、シフトレバーの代わりにステアリングコラム右側のセレクターレバーで行う「ダイレクトセレクト」を採用。必要に応じて、ステアリングシフトでギアチェンジも可能にするなど、機能性を高めた。メーターは8インチディスプレイに表示される電子式、ダッシュボードあなども人間工学に基づいて設計され、ドライバーのストレスを軽減したという。


ディスプレイに表示されたメーター類。当然自発光式で、視認性が高い。

■充実した安全装備

エンジンは、S350に3.5リッターV6(272ps/6000rpm、35.7kgm/2400〜5000rpm)、S500シリーズは5.5リッターV8(387ps/6000rpm、54.0kgm/2800〜4800rpm)を搭載。いずれも新開発のDOHCユニットである。トランスミッションはいずれも7段AT「7G-トロニック」だ。サスペンションは、すべて可変ダンパー「ADS(アダプティブダンピングシステム)」とエアサスペンションを統合したエアマティックサスペンション。スポーツ、コンフォート、マニュアルと3つのモードを選択でき、足まわりだけでなくエンジン、トランスミッションの特性をモードにあわせて最適化する。


オーディオやエアコン、ナビゲーションシステムなどを統合コントロールできる「コマンドシステム」(全車に標準)のコントローラー。

安全装備では、事故の発生を予見してクルマが乗員保護体態勢に入る、ベンツ自慢の「プレセーフ」、パッシブセーフティ(衝突安全性やエアバッグなど)、事故発生後の2次災害を防ぐ「ポストセーフ」、事故の危険をあらかじめ警告または回避する「パフォームセーフ」が加わった。同社ではこれを包括して「プロセーフ」と呼ぶ。パフォームセーフは、ESP、エアマティックサスペンションとアダプティブブレーキや、夜間に障害物などをモニターに表示する「ナイトビューアシスト」(オプション)などによって構成される。




オプションとして、ガラススライディングルーフ(S500Lは標準、17万8500円)やナイトビューアシスト(23万1000円、S350は25万2000円)などを設定。豪華装備がセットになった「ラクシャリーパッケージ」は、S350が53万5500円、S500が42万円、S500Lは63万円で用意される。

(webCGオオサワ)

メルセデス・ベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る