ベンツのフラッグシップ「Sクラス」発表

2005.10.05 自動車ニュース

ベンツのフラッグシップ「Sクラス」発表

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」のニューモデルを、2005年10月4日に発表、同日発売した。「S350」「S500」「S500L」の3種類で、価格はそれぞれ987万円、1260万円、1396万5000円。


ダイムラー・クライスラー日本のハンス・テンペル社長。「(Sクラスは)自動車の最高峰」と語った。

■大いなる進化

ベンツの最高峰Sクラスが、7年ぶりにフルモデルチェンジした。初代デビューから50年で累計約300万台、先代「W220」型は48万500台を発売し、自他ともにラクシャリークラスのトップを認めるサルーンである。新型は、安全性、快適性、環境適合性(全車低排出車認定で4つ★)のすべてをトップクラスに維持しつつ、新技術&新機構を投入し「大いなる進化を遂げた」と謳われる。




ボディサイズは、全長×全幅×全高=5076(+33)×1871(+16)×1473(+29)mm、ホイールベースは3035(+70)mm。ロングホイールベースバージョンもあり、こちらは全長が5206mm、ホイールベースは3165mmである。インテリアは豪奢であるのはもちろん、シフトレバーの代わりにステアリングコラム右側のセレクターレバーで行う「ダイレクトセレクト」を採用。必要に応じて、ステアリングシフトでギアチェンジも可能にするなど、機能性を高めた。メーターは8インチディスプレイに表示される電子式、ダッシュボードあなども人間工学に基づいて設計され、ドライバーのストレスを軽減したという。


ディスプレイに表示されたメーター類。当然自発光式で、視認性が高い。

■充実した安全装備

エンジンは、S350に3.5リッターV6(272ps/6000rpm、35.7kgm/2400〜5000rpm)、S500シリーズは5.5リッターV8(387ps/6000rpm、54.0kgm/2800〜4800rpm)を搭載。いずれも新開発のDOHCユニットである。トランスミッションはいずれも7段AT「7G-トロニック」だ。サスペンションは、すべて可変ダンパー「ADS(アダプティブダンピングシステム)」とエアサスペンションを統合したエアマティックサスペンション。スポーツ、コンフォート、マニュアルと3つのモードを選択でき、足まわりだけでなくエンジン、トランスミッションの特性をモードにあわせて最適化する。


オーディオやエアコン、ナビゲーションシステムなどを統合コントロールできる「コマンドシステム」(全車に標準)のコントローラー。

安全装備では、事故の発生を予見してクルマが乗員保護体態勢に入る、ベンツ自慢の「プレセーフ」、パッシブセーフティ(衝突安全性やエアバッグなど)、事故発生後の2次災害を防ぐ「ポストセーフ」、事故の危険をあらかじめ警告または回避する「パフォームセーフ」が加わった。同社ではこれを包括して「プロセーフ」と呼ぶ。パフォームセーフは、ESP、エアマティックサスペンションとアダプティブブレーキや、夜間に障害物などをモニターに表示する「ナイトビューアシスト」(オプション)などによって構成される。




オプションとして、ガラススライディングルーフ(S500Lは標準、17万8500円)やナイトビューアシスト(23万1000円、S350は25万2000円)などを設定。豪華装備がセットになった「ラクシャリーパッケージ」は、S350が53万5500円、S500が42万円、S500Lは63万円で用意される。

(webCGオオサワ)

メルセデス・ベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

関連キーワード:
Sクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
  • メルセデス・ベンツGLA220 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.4 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」に試乗。充実の先進装備やトレンドに沿ったエクステリアに目が行きがちだが、その土台はメルセデスの伝統にのっとった“いいクルマ”らしさにあふれていた。中間グレードの「GLA220 4MATIC」に乗った。
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記