女性の好みは世界を制す!? ボルボのコンセプトカー「YCC」

2005.10.05 自動車ニュース

女性の好みは世界を制す!? ボルボのコンセプトカー「YCC」

ボルボ・カーズ・ジャパンは、女性スタッフがアイディアやコンセプトを決定して製作したコンセプトカー「YCC(Your Concept Car)」を、2005年10月4日、日本で初お披露目した。


プロジェクトリーダーのエヴァ・リサ・アンダーソン氏(右)と、カラー&トリム担当のマリア・ウッグラ氏。

■女性主導で開発

YCCは、ボルボ社のエンジニアやデザイナー、広報活動などのベテラン女性9名が開発したコンセプトモデル。「女性を満足させるクルマをつくれば、男性は簡単に満足させられるはず」という考えに基づき、2001年秋にプロジェクトがスタート。2004年のジュネーブショーで、世界ではじめてお披露目された。


明るくて軽やかな印象のインテリア。シート表皮は好みにあわせて変更できるようになっている。

プロジェクトリーダーのエヴァ・リサ・アンダーソン氏は、クルマについてパワーやデザイン、プレミアム性はもちろん、取り回しのしやすさや使い勝手、居心地のいい空間など、女性ユーザーは「常に“エクストラ”を求める」と語る。要求のキビシイ女性の意見を採り入れてつくられたのがYCC、というワケだ。便利でかっこよく速いクルマは男性も歓迎。また女性にそう言われてなお「NO」といえる男性も……まぁすくなかろう。




■細かい気配り

YCCが主たるターゲットとしたのは、家庭と仕事を両立させ、クルマにプレミアム性を求めるキャリアウーマン。ボディ形状は2ドアクーペで、ボンネット中央をくぼませた逆V字シェイプにより前方視界を、リアガラスはボディ後端まで延ばして後方視界を確保した。Bピラーの位置をドライバーより後ろにもってくることで、見切りと開放感を実現したという。ドアは横開きのガルウイングを採用し、68cmのクリアランスがあれば開閉可能。ドアが開くのにあわせてサイドシルが回転することで広い間口を実現し、乗り降りのしやすさに配慮した。




インテリアには、外観以上に力を注いだという。シートレイアウトは2+2で、シート、ステアリング、ペダルポジションを電動調節でき、適切なシートポジションが得られるように工夫した。Aピラー内側に、矢印でシート高さの位置を指示してくれる「エルゴビジョン」は特許出願中の新機能だという。シフトレバーはステアリングホイール上のスイッチに、サイドブレーキを電子化することで、センターコンソールを完全な小物入れとするなど、利便性の追求もわすれない。女性らしい細やかな気配りとわがままを、クルマ全体で表現したと感じた。

(webCGオオサワ)

ボルボ・カーズ・ジャパン:
http://www.volvocars.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。