「BMW 1シリーズ」のトップモデル「130i M-Sport」発売

2005.10.05 自動車ニュース

「BMW 1シリーズ」のトップモデル「130i M-Sport」発売

ビー・エム・ダブリューは、1シリーズに3リッター直6を搭載するトップグレード「130i M-Sport」を設定。2005年10月4日に発売した。価格は487万円。


【写真上】BMW 130i(欧州仕様)
【写真下】M-Sportパッケージ装着車

130iは、BMWが誇る最新の3リッター直列6気筒を搭載するトップグレード。エンジンは330iや530iのそれを上回るチューンが施され、最高出力265ps/6600rpm、最大トルク32.1kgm/2750rpmを発生する。車重は1430kgで、パワー・トゥ・ウエイトレシオは5.4kg/ps。0-100km/h加速を6.1秒でこなす動力性能を誇る。欧州では6段ATがオプションとして用意されるが、日本に導入されるのが6段MT仕様であることもニュースだ。

日本仕様は、Mスポーツサスペンションやエアロパーツなどを装着した「M-Sport」バージョン。130i M-Sportの導入にあわせて、1シリーズすべてにM-Sportパッケージが用意されたことも新しい。M-Sportパッケージの価格は、116iが42万円、118iと120iは36万円となる。

(webCGオオサワ)

ビー・エム・ダブリュー:
http://www.bmw.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る