【スペック】全長×全幅×全高=4350×1720×1190mm/ホイールベース=2566mm/車重=1130kg/駆動方式=FR/4リッター直6DOHC24バルブ(350ps/6800rpm、45.6kgm/5000rpm)/車両本体価格=898.0万円

TVRサーブラウ・スピードシックス【試乗記】

何にも似ていない 2002.09.21 試乗記 TVRサーブラウ・スピードシックスバックヤードビルダー、というには大きくなった英国の「TVR」。かつて「ヴィクセン」を所有した自動車ライターの下野康史が、「サーブラウスピード6」に試乗した。会員コンテンツ「Contributions」より再録。

何にも似ていない

高級2+2クーペのサーブラウに、タスカンでひと足先デビューの自製直6を収めた最新TVR。360psから350psにデチューンした4リッターDOHCの「SP6」ユニットは、スペック通り、扱いやすさを増す。とくに極低速域でのトルク増大と、アイドリング時のマナー向上は歴然。
足まわりも、タスカンよりGT的な穏やかな味つけで、限界付近の挙動も安定している。クルマのキャラクターに合わせて、エンジンやサスペンションのチューニングをここまできめ細かく変えることができるのは、さすがレース慣れした英国バックヤードビルダーの伝統か。好調TVRは、自分の“武器”をよく知っている。
静止から96km/hまで、たった4.4秒で到達する加速性能は、420psの911ターボとほぼ同等。だが、911よりはるかに豪快で、しかも、注目度は格違い。ほかの何にも似ていない流麗なクーペボディは、フェラーリより“見られる”。900万円のバックヤード・スペシャル。つくるほうもエライが、買うほうもエライ。

(下野康史/2001年5月)

総革張りの豪華なインテリア(日本では65.0万円のオプション)。ブっといセンタートンネルが大馬力を予感させる。フロントミドに搭載された4リッター直6「SP6」ユニットは、96×92mmのボア×ストロークをもち、11:1と高めの圧縮比を採るオールアルミのドライサンプユニットである。なお、サーブラウ・スピードシックスの最高速度は272km/hと謳われる。

総革張りの豪華なインテリア(日本では65.0万円のオプション)。ブっといセンタートンネルが大馬力を予感させる。フロントミドに搭載された4リッター直6「SP6」ユニットは、96×92mmのボア×ストロークをもち、11:1と高めの圧縮比を採るオールアルミのドライサンプユニットである。なお、サーブラウ・スピードシックスの最高速度は272km/hと謳われる。


TVRサーブラウ・スピードシックス【試乗記】の画像
関連記事
  • TVRサーブラウ スピードシックス(5MT)【試乗記】 2001.5.2 試乗記 TVRサーブラウ・スピードシックス(5MT)
    ……995.5万円

    6ツ目のタスカンで衆目を驚かせた英国はブラックプールのスポーツカーメーカー、TVR。ややジェントルな2+2モデル、サーブラウにもニュー直6ユニットを載せ、フェイスリフト版もリリースした。webCG記者が報告する。


  • TVRタスカンスピードシックス(5MT)【ロードインプレッション】 2000.10.24 試乗記 TVRタスカン・スピードシックス(5MT)
    ……1027.0万円

    英国のスポーツカー、TVRを試乗するときにまずしなければいけないのは、どうやったら内側からドアを開けられるのかを聞くことだ。
    「どうやったらドアが開くのですか?」
    グリフィンならダッシュパネル下センタートンネル横のドアハンドルを引き、キミーラはトンネルコンソール上の球形ダイヤルを捻り、サーブラウでは内張り奥のボタンを押すと、ドアから外に出ることができる。
    聞いておいてよかった。
    タスカン・スピードシックスの場合は、オーディオ脇の小さなボタンを押すのであった。コトッ……。FRP製のドアが開いた。


  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ ジュリエッタ スポルティーバ(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.30 試乗記 スポーティーな装いが自慢の、「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」の新グレード「スポルティーバ」に試乗。ワインディングロードで、その走りっぷりを確かめた。
ホームへ戻る