トヨタの新型ワゴン「ラクティス」発売、「ファンカーゴ」の後継

2005.10.03 自動車ニュース

トヨタの新型ワゴン「ラクティス」発売、「ファンカーゴ」の後継

トヨタ自動車は、「ファンカーゴ」の後継車にあたる新しいコンパクトワゴン「ラクティス」を、2005年10月3日に発売した。


日用道具的な親しみやすさを持った「ファンカーゴ」の後釜は、よりスポーティに振った「ラクティス」。チーフエンジニアの多田哲哉氏は、将来的にラクティスのワンメイクレースも視野に入れている、という。

■ぐっと男の子向け

1999年夏、初代「ヴィッツ」から派生した小型トールワゴン「ファンカーゴ」が誕生。商用ワゴンのような、でもファニーなルックスと、小さくても使えるという機能性らをセリングポイントとした“携帯空間”(コマーシャルキャッチ)が、名を「ラクティス」に変え登場した。

テーマは「高速大容量スタイリング」とまるでネット回線の謳い文句のようだが、走行性能、パッケージ、ユーティリティ、スタイリングなど、ぐっと男の子向けになったのが特徴。「多様なニーズに1台で応えるハイクオリティコンパクトカー」を標榜する。


シフターはインパネ中央に配置。1.5リッター+FFには「アクティブCVT」が与えられ、シフターに加えパドルでマニュアルっぽい運転が可能。

エンジンはファンカーゴと同様に1.3リッターと1.5リッターの2種類。トランスミッションはFFがCVTで、1.5リッターにはパドルシフト・スポーツモードを備える7段マニュアルモード付き「アクティブCVT」を採用した。1.5リッターのみに設定される4WDにはコンベンショナルな4段ATが与えられる。

価格は、138.6万円から186.9万円まで。月に7000台を売りたいとしている。


ラゲッジスペースの容量は最大で987リッター、奥行きは約1540mm。

「日産キューブ」や「ホンダ・フィット」などをライバルとするラクティス。競合車の“いいトコどり”で手堅くまとめてきたであろうことは想像に難くないが、その実力はいかに……。

なお、福祉車両「ウェルキャブ」も、「車いす仕様車」などを設定し同日発売した。


一部グレードに標準装備される「パノラマルーフ」が開放感を演出。

■ガラスルーフあり

尖り気味のフロントセクション、全車が履くこのクラスにしては大きな16インチタイヤ&ホイールに代表されるよう、ラクティスはスポーティ寄りの意匠を纏っている。
全長×全幅×全高=3955×1695×1640(4WDは+20)mm、ファンカーゴより若干長く、幅広く、背が低くなった。ホイールベースは2550mmで50mm延長、ヴィッツよりは90mm長い。

車内のウリはシートアレンジ。後席中央の座面を180度回転させるとあらわれる「リアセンターマルチトレイ」や、後席を格納しフラットなフロアをつくりだせる「ダイブインシート」(FFのみ。4WDは座面を前席シートバックに寄せる「ダブルフォールディング」)、前席背もたれを倒し足を伸ばして後席に座れる「カウチソファモード」などがある。


エンジンは1.3、1.5の2種類。ともに連続可変バルブタイミング機構「VVT-i」仕様だ。

ラゲッジスペースの奥行きは715mm、スーツケースが縦に3つ入るとトヨタはいう。
固定式ルーフガラス「パノラマルーフ」が用意されるところもポイントだ。

エンジンはヴィッツと同じ「VVT-i」ユニット、1.3リッター「2SZ-FE」(87ps、11.8kgm)と、1.5リッター「1NZ-FE」(110ps、14.4kgm)。1.5リッター+FFのCVTにパドル&スポーツモードを備えたあたりに、デザイン同様キャラ変えが見て取れる。

環境パフォーマンスは、FF全車で国土交通省低排出ガス車認定制度「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」認定を取得し、「平成22年度燃費基準+5%」を達成。グリーン税制による減税措置対象車となる。

(webCG 有吉)


四隅に配したタイヤは16インチ。スポーティさを表現する上でのポイントとなる。

トヨタ自動車「ラクティス」:
http://toyota.jp/ractis/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラクティスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る