【スペック】全長×全幅×全高=4057×1850(ミラー含む)×1175mm/ホイールベース=2361mm/車重=1078kg/駆動方式=FR/4リッター直6DOHC24バルブ(375ps/7000-7500rpm、48.3kgm/5000rpm)/価格=1300万円(テスト車=1374万5500円/エアコンディショニング=34万6500円/ガスチャージヘッドライト=21万円/ペイントオプション=18万9000円)

TVRサガリス(FR/5MT)【試乗記】

「買う人は買う」だけじゃなく 2006.05.02 試乗記 TVRサガリス(FR/5MT)……1374万5500円徹底した軽量化とハイパワーを両立し、そのデザインから“公道を走るレーシングカー”と謳われる「TVRサガリス」。古典的構造のシャシーが気になるのだが……。

夢に描いていたクルマ

これってスーパーカー少年がその昔、夢に描いていたクルマを、本当にカタチにしてしまったようなクルマだな……と、僕はTVRのモデルを見るたびにいつも思う。このサガリスの場合、吊り上がった凶暴な目つきやノーズ左右でワイド感を強調するエアインレット、フロントフェンダー上の切り込みなど、エグいディテールを満載している。強烈な存在感を放つエクステリアは、協調性だとか引きの美学とかというよりは、やってみたいこと全部やってみました! という感じが色濃い。
けれど、それが好き嫌いは別にして、とりあえず子供じみたものに見えないのは、そこに捧げられた情熱がおそらく本物であること、そしてスポーツカーとして真摯に自分達なりの理想を追求していることが伝わってくることのおかげだろう。

そんなわけで、敬意を払って乗り込むサガリス。詳細なインフォメーションは無いのだが、基本骨格は「T350c」と見え、コクピットの意匠はそれとほぼ共通である。そして、張り巡らされたロールケージまで全面革張りのこの有機的な曲線で構成された空間が、エンジンを始動するや爆音で満たされるのも、やはり一緒。タイトに決まる運転姿勢とあわせて、気持ちが妙にたかぶってくる。

指一本分の操作にも鋭く反応

「タスカンS」などと同じ最高出力375psとされたTVR自社製の直列6気筒4リッターユニットは、ECU制御された今時のエンジンには珍しく、ある程度の暖気を必要とする。コールドスタートの後しばらくはアイドリングが安定せず、すぐにストールしてしまうからで、にぎやかな排気音が後ろめたいが仕方がない。焦らず、回転が安定したのを見て走り出すと、しかしきっと待った甲斐はあったと実感できるはずだ。

印象の多くを支配するのは、やはりエンジンである。そのフィーリングは、まるでレーシングエンジン。レスポンスは恐ろしく鋭く、短い周期で右足のオンオフを繰り返しても、しっかりついてくる。アイドリング付近では回転はややラフだが、スロットルを踏み込むと、シューンという味気ない感触ではなく、ギューンと目の詰まったサウンドとバイブレーションが味わえる。回転数が高まるにつれてコマ回しのコマの如く芯が出て、ますます粒が揃っていく。記憶にある「T350c」や「タモーラ」の3.6リッターに較べると、排気量を拡大しているせいか滑らかさでは劣るが、そのかわりトルクの爆発力は明らかに上回っていて、迫力は凄まじい。

コーナーワークも予想以上に良かった。ロック・トゥ・ロック2回転とクイックな電動油圧アシストのステアリングの手応えは剛性感に満ちていて、指1本分の操作にも鋭く反応が返ってくる。そうやって切り込むと、すかさず旋回姿勢に入るキレ味の良さはさすがTVR。慣れるまではちょっと戸惑うが、挙動自体は安定しているため不安感は無い。トラクション性能も高く、アクセルを踏み込めば後ろから押し出すような脱出加速を楽しめる。T350cなどでは、パワーとハードなサスペンションに対してタイヤ性能が足りず、低い限界でピーキーな動きが出ることがあったが、サガリスは相応のタイヤ(グッドイヤー・イーグルF1)を得て、走りが洗練されたようだ。古典的なフレーム構造でも、まだまだイケるという感じである。





幅広い訴求のためには

暖まるまでのエンジン回転の不安定さに最初はおののくものの、調子が出てくれば、扱いに不便を感じることは無いはずだ。ステアリングもそうだし、オルガン式のペダルもクラッチの重さ含めて操作に問題はない。ブレーキもバッチリ効く。ボディがコンパクトな上に視界が良いこと、さらには右ハンドルだということもプラス要因だ。

逆に気になるのは、空調の効きが悪い上に、ボディ形状のせいか窓を開けても換気がイマイチなこと、アルミ製のシフトノブが走っているうちに熱くなってくること、内装がカタカタといっていることくらいだろうか。こういうクルマを買う人は、それでもきっと買うのだろうと思うが、もしもっと幅広く訴求していこうというのであれば、このあたりはそろそろ考えなければいけないだろう。

とは言いつつも、エンジンの熱気のせいでボンネットから立ち上がる陽炎をフロントウインドウ越しに見ていると、やっぱりあんまり洗練されたら、それはそれでツマラナイかな、なんて思ったりもするのだが。

(文=島下泰久/写真=高橋信宏/2006年5月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。