「シトロエン C2」にわずか5台の限定車

2005.09.28 自動車ニュース

「シトロエン C2」にわずか5台の限定車

シトロエン・ジャポンは、2005年9月30日から開催されるWRC第13戦「ラリージャパン」の開催を記念した特別仕様車「C2 ブルー・ド・クルス」を、10月1日に発売する。台数は、わずか5台。

C2 ブルー・ド・クルスは「C2 1.6 VTR」をベースに、内外装を特別に仕立てたもの。エクステリアは「Bleu Grand Pavois(ブルー グラン パヴォア)」のボディカラーと白いストライプ、ホワイトアルミホイールなどを採用。インテリアには、アルミパネルを装着する。ほかに、シリアルナンバー入りのプレートや、シトロエンのエースラリードライバー、セバスチャン・ロウブの直筆サイン入りTシャツがプレゼントされる。
価格はベースモデルと同じ、215万円。

(webCGオオサワ)

シトロエン・ジャポン:
http://www.citroen.co.jp/

「シトロエン C2」にわずか5台の限定車の画像

関連キーワード:
C2シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ 2018.3.22 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、コンパクトハッチバック「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。価格は「フィール」が従来から3万円アップの219万円、「シャイン」が同じく4万円アップの243万円。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • コーヒー好きのあなたに 「シトロエンC3」の特別仕様車発売 2018.6.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年6月7日、「シトロエンC3」の特別仕様車「CAFE EDITION(カフェエディション)」を発売した。同車は、“サードウエーブコーヒー”と呼ばれる、近年話題となっている新しいコーヒー文化をイメージした、日本独自企画の特別仕様車である。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
ホームへ戻る