「シトロエン C2」にわずか5台の限定車

2005.09.28 自動車ニュース

「シトロエン C2」にわずか5台の限定車

シトロエン・ジャポンは、2005年9月30日から開催されるWRC第13戦「ラリージャパン」の開催を記念した特別仕様車「C2 ブルー・ド・クルス」を、10月1日に発売する。台数は、わずか5台。

C2 ブルー・ド・クルスは「C2 1.6 VTR」をベースに、内外装を特別に仕立てたもの。エクステリアは「Bleu Grand Pavois(ブルー グラン パヴォア)」のボディカラーと白いストライプ、ホワイトアルミホイールなどを採用。インテリアには、アルミパネルを装着する。ほかに、シリアルナンバー入りのプレートや、シトロエンのエースラリードライバー、セバスチャン・ロウブの直筆サイン入りTシャツがプレゼントされる。
価格はベースモデルと同じ、215万円。

(webCGオオサワ)

シトロエン・ジャポン:
http://www.citroen.co.jp/

「シトロエン C2」にわずか5台の限定車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る